TOP > ニュース 一覧

五輪柔道”銅”ビロディド、ビーチで「夢のバカンス」鍛えられたボディ披露で階級アップは必然か

2021/08/10(火)UP

ダリア・ビロディド

 東京五輪で7月24日、柔道女子−48kg級で銅メダルを獲得したダリア・ビロディド(20)は現在バカンスを楽しんでいる。
 7月27日に母国ウクライナに戻ったビロディドは現地の会見で「次のオリンピックに向けて力をつける必要があります。精神的にも肉体的にもとても辛かったからです。自分の目標に向かってさらに進むためには、1ヶ月、もう少し休養が必要です」と述べた。また、階級変更については「もう準備はできています、もう変えています」と階級アップを宣言した。

【フォト】ビーチでビキニ姿、ヒップから背筋の筋肉が凄い

 ビロディドは身長172cmと高身長ながら、最も軽い48kg以下級で世界選手権2連覇など、これまで活躍してきたが、昨年から減量苦を伝え聞くようになった。通常のアスリートはトレーニングを重ねるたびに細かい部分にも筋肉がつき減量がキツくなってくる。ボクサーが階級を上げていくのはその理由もある。

ビロディドは「夢のバカンス」と投稿。小麦色に焼けたビロディド、東京五輪よりふっくらした印象(@dariabilodid7

 昨日、ビロディドは自身のインスタグラムに「夢にまで見たバカンス」と綴り、ビキニ姿で海でカヤックで戯れる写真を4枚を投稿した。

 白い肌のビロディドが小麦色に日焼けしている。健康的なセクシーさもあるが、バックからの写真には引き締まったヒップからくびれたウエスト、そしてガッチリした広い背筋、盛り上がる僧帽筋はやはりオリンピアン。ここまで筋肉がついて48kgはやはりきついだろうと思う。

 今後参戦する具体的な階級について語ってはいないが一つ上の52kg級が有力視される。52kg級だと日本では東京五輪金メダルの阿部詩、2階級上の57kg級は銅メダルの芳田司がいる。果たして休暇の後どう化けるか楽しみだ。

▶︎次のページは【フォト】ビーチでビキニ姿、ヒップから背筋の筋肉が凄い

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・”モデル級柔道家”ビロディドが凱旋帰国で花束、階級アップ宣言、ヘソ出し写真は既にふっくら

・【柔道】銅メダルの美女ビロディド、帰国後の浜辺のサービスカットに読者歓喜、今後は階級アップ準備へ

・【写真18点】ダリア・ビロディド、貴重な自己紹介動画も=柔道女子48kg級

・【五輪柔道】ビロディド「銅メダルが金メダルに見えます」 大粒の涙の理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧