TOP > ニュース 一覧

【Krush】8.21 スーパー・バンタム級T“優勝候補”の吉岡ビギンvs璃明武がワンマッチに変更=吉岡の体重オーバーで

2021/08/21(土)UP

スーパー・バンタム級トーナメントに臨む(左から)鬼山、愛瑠斗、小倉、内田、(右から)璃明武、黒田、小巻と、ベルトを持つ中村プロデューサー(C)K-1

 8月21日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.128』の前日計量が、20日(金)都内にて行われた。

 同大会のメインイベントを飾るのは[第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦]の第4試合となる吉岡ビギン(team ALL-WIN)vs璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)の一戦だったが、吉岡が最初の計量で契約体重の55kgを1.3kgオーバー。計量後の会見には出席せず、再計量へと臨むことになった。

 対戦相手の璃明武は、100gアンダーの54.9kgで計量パスし、会見では「明日は自分の仕事をするだけなんで、しっかり試合ができればと思います。相手は1.3kgオーバーなので落ちないかなと正直思っているんですけど、自分は試合をしようと思っています」とコメントしていた。

璃明武は吉岡戦の勝敗に関わらずトーナメント準決勝へ進出する(C)K-1

 そして吉岡は再計量でも500gオーバーの55.5kgという結果に。
 これを受けて、本トーナメント“優勝候補”同士とも言われた2人の対戦だったがワンマッチに変更となり、勝敗に関わらず計量をクリアした璃明武が準決勝へ進出することが決定した。

 また、契約体重をクリアすることができなかった吉岡には、Krush公式ルールに基づき、以下のペナルティが課せられる。
①第1ラウンド、吉岡は減点1から試合開始。
②グローブハンデとして、吉岡10オンス、璃明武8オンスのグローブを使用する(本来は双方とも8オンス)。
③吉岡はファイトマネーから20%減額。


 その他のトーナメント出場選手6名は無事に計量パスし、会見で試合への意気込みを語った。

鬼山桃太朗vs愛瑠斗(C)K-1

鬼山桃太朗 「試合のことは明日スイッチ入れようかなという感じで、今はしっかり回復しようかなと思っています。勝負メシですけど、迷っているのはきびだんごか桃か、どっちを食おうかなと。桃も今は旬なので、できたら桃を食いたいですね」
vs
愛瑠斗「自分がベルトを巻いている姿だけを想像してやってきました。明日はしっかり桃太朗退治をするので応援よろしくお願いします」

小倉尚也vs内田晶(C)K-1

小倉尚也 「心身ともにいい状態で明日を迎えられるので、僕自身明日が楽しみなので、明日は“This is Krush”を見せたいと思います」
vs
内田晶 「ようやく明日試合なので回復させて、試合に備えたいと思います。ABEMAでもやるので自分がしっかり盛り上げて東北の意地を見せたいと思います」

小巻海斗vs黒田勇斗(C)K-1

小巻海斗 「明日はしっかり会場を盛り上げて、自分がKOで勝ちます。パンチをとにかく磨いてきたんですけど、立ち上がってこられないようなパンチで潰していきたいなと思っています」
vs
黒田勇斗 「明日はこの試合に向けてやってきたことをしっかり出して、のびのびと楽しんで上がりたいと思います」

<全計量結果>

▼第8試合 Krushスーパー・バンタム級ワンマッチ/3分3R・延長1R
吉岡ビギン(team ALL-WIN)→56.3kg→55.5kg
vs
璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)→54.9kg
※「第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R」からワンマッチへ変更

▼第7試合 第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
小巻海斗(真樹ジムAICHI)→54.8kg
vs
黒田勇斗(K-1ジム心斎橋チームレパード)→54.9kg

▼第6試合 第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
小倉尚也(スクランブル渋谷)→54.8kg
vs
内田晶(チーム・タイガーホーク)→54.9kg

▼第5試合 第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
鬼山桃太朗(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→55.0kg
vs
愛瑠斗(健成會)→54.9kg

▼第4試合 Krushバンタム級/3分3R・延長1R
池田幸司(ReBORN経堂)→52.9kg
vs
峯大樹(若獅子会館)→52.8kg

▼第3試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
遠藤信玄(Capture the flag)→59.9kg
vs
斎藤祐斗 (JK TRIBE)→60.0kg

▼第2試合 Krush女子ミニマム級/3分3R・延長1R
C-ZUKA(T-GYM)→47.9kg
vs
KAI(ファイティスジムMSC)→47.9kg

▼第1試合 Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
斉藤雄太(K-1ジム五反田チームキングス)→65.0kg
vs
大野祐志郎(ALL-WIN team 華王州)→64.5kg

※以下は計量なし
▼エキシビションマッチ 2分2R
MIO(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)※Krush初参戦
vs
松谷綺(まつたに・きら/ALONZA ABLAZE)※Krush初参戦

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】8.21『Krush.128』スーパー・バンタム級王座決定T一回戦、MIOエキシビションなど生中継・放送情報

・【Krush】王者・菅原美優が欠場でMIOとのタイトル戦消滅、MIOは松谷綺とエキシ戦決定=8.21

・【Krush】日本拳法出身・小巻海斗、12cmの身長差も「100kgの選手と試合していたから大丈夫」対する黒田勇斗「見返したい」=8.21 Sバンタム級T

・【K-1】安保瑠輝也、決勝で”対戦予定”の野杁正明に「勘違いすんなよ」野杁の弱点も把握

・極真・松井館長が、”大先輩”千葉真一氏を追悼「アドバイスを頂いた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧