TOP > ニュース 一覧

【GLORY】“団体史上最大の逆転KO負け”の悪童バダ・ハリ、懸念された現役引退の噂を否定「ヘビー級の頂点に立つまで、歩みを止めない」

2021/09/06(月)UP

“団体史上最大の逆転KO負け”の悪童バダ・ハリ©️GLORY

 9月5日(日本時間)にオランダ・ロッテルダムで開催されたキックボクシング興行『GLORY 78』メインイベントのヘビー級(120.2kg)マッチにて、同級8位のアーカディウス・ウルソーセック(29=ポーランド)に逆転KO負けした元K-1世界王者でヘビー級3位のバダ・ハリ(36=オランダ)。
 団体SNSでは“GLORY史上最大の逆転劇”と銘打つほどの衝撃の結末だった。バダ・ハリだが、懸念されていた引退の噂を否定した。

【動画】死角ハイキックにバダ・ハリが衝撃の“倒木ダウン”!激闘ハイライト写真も

 2007年に初代K-1ヘビー級王者に輝いたバダ・ハリだが、過去5年間は勝ち星がなく、前戦となる昨年12月のアデグバイ戦は鼻骨骨折の大怪我を負うほどのKO負け。今回9ヶ月ぶりの試合はトレーナー陣を一新し肉体改造にも力を入れた、再出発としての大事な一戦だったが衝撃の結末に。

左ミドルを放つバダ・ハリ©️GLORY

 序盤からバダ・ハリが強烈なボディブローで2度のダウンを奪うなど巨漢ウルソーセックを圧倒。誰もがバダ・ハリの勝利を確信していた中、2ラウンド1分過ぎ、右ミドルを貰いロープに飛ばされたウルソーセックにトドメを刺そうと、バダ・ハリが詰め寄った瞬間、近距離からウルソーセックが下から擦り上げる軌道の左ハイキック!

 死角からの強烈な一撃を側頭部に貰ったバダ・ハリは一瞬で意識を飛ばされ、まるで木が倒れる様にダウン。辛うじて起き上がったものの、意識もうろう状態でレフェリーのカウント10内に立つことはできなかった。この衝撃的な逆転KO劇に、ファンの間では、純粋にその激闘に感動したした者もいれば、バダ・ハリの引退を危惧する声も上がった。

肉体改造し、パワーアップしたバダ・ハリが豪腕を振るう©️GLORY

 試合翌日、バダ・ハリは自身のSNSを更新。「皆を落胆させてしまった。自分自身もとても残念な気持ちでいっぱいだ。良くない結果だ。今日、あの試合をポジティブな気持ちで見ることは難しいが、言わせて欲しい。昨日の試合、自分の強さと万全の調子を感じることができた。あの不運な瞬間まで1秒たりとも痛みを感じることはなかった。かつての“バダ・ハリ”の様に戦えた。結果には不満が残るが、リングに上がるまでの過程には満足している。私が歩いている道は正しい。私はこの歩みを止めない。この階級(ヘビー級)の頂点に立つまで。それには、先ず(ウルソーセックとの)再戦だ。皆の応援を本当に感謝している」と、ファンへの感謝と現役続行を表明した。

まさかの結末!歓喜するウルソーセック©️GLORY

 世界最大級のキックボクシング団体GLORYのヘビー級は現在、6月に元K-1世界王者アリスター・オーフレイムが電撃参戦した事により大きな注目が集まっている。アリスターは10月23日のデビュー戦で、いきなり現ヘビー級王者・リコ・ヴァーンホーヘンのタイトルに挑戦するが、一方で、バダ・ハリとアリスターのドリームマッチ実現を期待する声も大きい。その為にはバダ・ハリの完全復活が必須となるが、果たして両者の対決は実現するのか。

▶︎次ページは【動画】死角ハイキックにバダ・ハリが衝撃の“倒木ダウン”!激闘ハイライト写真も

●編集部オススメ

・【GLORY】復帰戦の悪童バダ・ハリが衝撃の逆転KO負け、見えない左ハイキックで壮絶ダウン、引退を危惧する声も

・【GLORY】連敗中の悪童バダ・ハリ、フェイスオフで巨漢相手を突き飛ばす暴挙、会場は騒然=9.5オランダ

・“悪童”バダ・ハリ、7月の復帰戦に向けてGLORYが“秒殺KO”トップ3映像を公開、巨人シュルトも秒殺される

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧