TOP > ニュース 一覧

【GLORY】連敗中の悪童バダ・ハリ、フェイスオフで巨漢相手を突き飛ばす暴挙、会場は騒然=9.5オランダ

2021/09/04(土)UP

相手を突き飛ばすバダ・ハリ(右)©️GLORY

 9月5日(日本時間)にオランダ・ロッテルダムで開催される『GLORY 78』の前日計量とフェイスオフが4日行われた。
 メインイベントのヘビー級(120.2kg)マッチで対戦する、元K-1世界王者でヘビー級3位のバダ・ハリ(36=オランダ)と同級8位のアーカディウス・ウルソーセック(29=ポーランド)は共に108.4kgでパスした。

【動画】緊迫のフェイスオフ、バダ・ハリが巨漢相手を突き飛ばす!

 フェイスオフでは、ファイティングパンツに上半身裸で現れたウルソーセックに対し、バダ・ハリは黒のTシャツと黒の帽子の姿で、ウルソーセックを睨みながら登場。

フェイスオフ、15秒間、睨み合うウルソーセック(左)とバダ・ハリ(右)©️GLORY

 両者は対峙し、15秒間以上睨み合った後、バダ・ハリが突如、ウルソーセックの胸を両手で叩くように押し飛ばした。

 すぐに関係者やセキュリティーが間に割って入り、乱闘には至らなかったものの、ウルソーセックの顔が怒りの表情に一変。それまで、キック界のレジェンドのバダハリに対し「尊敬している選手」と温和な態度で接していたウルソーセックだったが、これで心の闘志に火がついたかもしれない。

 バダ・ハリは元K-1世界ヘビー級王者。19年12月にGLORYヘビー級タイトルに挑み、王者リコ・ヴァーホーベンから2度のダウンを奪うも、攻撃中に足首を捻り続行不可能となるアクシデントでTKO負け。さらに、昨年12月の『GLORY 76』でベンジャミン・アデグバイにもKO負けを喫し、この試合で鼻を2箇所骨折。今回が復帰戦となる。

 対戦するウルソーセックは2mの長身を誇るポーランド巨漢。戦績は12勝5敗(7KO)で、GLORYのリングでは1勝1敗の成績だ。GLORYデビュー戦でアデグバイに判定負けしたものの、その後にTKO勝利を飾っており、かなりの強敵だ。

 日本では悪童のニックネームで愛されたバダ・ハリも今やアラフォー目前。158月のイスマエル・ロントにKO勝利して以来、過去5年間、勝ち星はないが、今回、復活の狼煙をあげることができるか。

▶︎次ページは【動画】緊迫のフェイスオフ、バダ・ハリが巨漢相手を突き飛ばす!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【GLORY】連敗中の悪童バダ・ハリ「復活した姿を見せたい、再びタイトルを手にする」と闘志、期待されるアリスター戦にも言及=9.5オランダ

・“悪童”バダ・ハリ、7月の復帰戦に向けてGLORYが“秒殺KO”トップ3映像を公開、巨人シュルトも秒殺される

・【GLORY】コロナ復帰の元K-1王者“悪童”バダ・ハリが悔しい逆転KO負け、鼻を2箇所骨折

・【GLORY】元K-1王者アリスター、11年ぶりキック復帰戦でいきなりのヘビー級タイトルマッチ!“アーツ2世”絶対王者ヴァーホーベンと激突=10.23

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧