TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉海、堀口恭司のベラトール移籍に言及「バンタム級T制し、また戦う機会を」

2021/09/17(金)UP

インタビューに応じる朝倉海

 9月19日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.30』へ向けて、試合前の個別インタビューが行われた。

 [第10試合 RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント2回戦RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(61.0kg)]でアラン“ヒロ”ヤマニハ(35=ブルテリア・ボンサイ)と対戦する朝倉海(27=トライフォース赤坂/初代THE OUTSIDER 55-60kg級王者、第3代RIZINバンタム級王者)が、インタビューに答えた。

【フォト】14日にアップされた朝倉海のバキバキマッスル写真

 朝倉は個別インタビューでヤマニハ戦を中心にコメントしたが、今月10日にベラトールへの移籍を発表した、現RIZINバンタム級王者・堀口恭司についても言及した。

昨年の大みそか、堀口のカーフキックにパンチをカウンターで合わせる朝倉。2人の3度目の対戦はあるのか

「(堀口の移籍については)そんなに何とも思わなかったですね。いずれ、そうなるのかなと思っていましたので。僕も海外の団体で試合をすることが目標なので、今回のバンタム級トーナメントを制覇して、また戦う機会があればいいなと思います。来年、バンタム級トーナメントをやるという噂があるので、そこに参戦できたらいいなと考えています」

 もともと朝倉は、今回のバンタム級トーナメント参戦への経緯について、「大晦日の敗戦(堀口とのタイトルマッチ)で、自分に対する評価は少し下がったのかな。そこを取り返さないといけない。今回のトーナメントでも、海外に挑戦する際、拘束されてしまうので、以前は出たくない気持ちが強かった。けれど日本のファンの方に期待してもらいたいと思った。そのためにはこのトーナメントで優勝してから、海外へ挑戦する必要がある」と語っている。堀口との再戦も含めて、海外で戦うことへのモチベーションは誰よりも高いはずだ。

 そのためにも、まずはバンタム級トーナメントで優勝すること。ヤマニハを破り、日本の頂点に立った上で、RIZIN王者としてベラトールへ乗り込む青写真が出来上がっているようだ。

▶︎次ページは【フォト】14日にアップされた朝倉海のバキバキマッスル写真、前回6月の計量写真も

●編集部オススメ

・朝倉海、練習打ち上げの”バキバキボディ”前回より筋肉増し!?「身体がバッキンガム宮殿」など反響

・【テレビ 配信】9.19『RIZIN.30』さいたまスーパーアリーナ大会のTV放送・ネット配信・生中継情報

・堀口恭司がベラトールに「単なる移籍ではなくRIZIN王者として世界と戦う」

・朝倉海、ボンサイ柔術を粉砕する覚悟で臨む「RIZINでしかできない試合をしたい。激しい試合、凶暴な試合を」

・堀口恭司が朝倉海vsヤマニハを予想「海くんが1RでKO勝ち、でもなー」と懸念点も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧