TOP > ニュース 一覧

【K-1】ウェルター級新王者・野杁正明「今後も怪物らしく、バッタバッタと相手を倒していく」=一夜明け会見

2021/09/21(火)UP

ウェルター級トーナメントを圧勝で優勝した野杁

 9月20日(月・祝)に神奈川・横浜アリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜よこはまつり〜』の一夜明け会見が、21日(火)都内のホテルで行われた。

 激戦から一夜明けた野杁正明(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は、第2代K-1ウェルター級のベルトを肩にかけて記者会見に登壇し、「有言実行でした。充実したいい大会でした」と安堵の表情を浮かべた。

 顔にはまだ生々しい傷跡が残っているが、「一、二回戦は以前から圧勝する試合をすると言っていて、有言実行ができたかなと思います。決勝(安保瑠輝也戦)に関しては、本当は1RでKOしたかったんですが、セコンドと直前に話して、そこまで無理をすることはない、3Rまでに倒せばいいよと言われて。作戦通りに倒せてよかったです」とトーナメントを振り返った。

決勝戦、野杁が強烈なパンチを安保のボディに叩き込む

 終わってみれば、全試合KO勝ちでの圧勝劇。当初、優勝へのプレッシャーはあったようだが、「実力を出せば問題ない」と気持ちを切り替えることができたという。「これまで、さんざん『倒せない』と言われて悔しかったんで、フィジカルを鍛えました。でも今は自信がありますし、海外の選手も倒せます」と、キャッチフレーズである“怪物”が覚醒したことを明かした。

 猛トレーニングの代償として大会直前に足の筋断裂のケガを負ってしまうピンチもあったが、「一、二回戦は問題ありませんでした。決勝の2R目くらいに若干の違和感があって、いつものように踏ん張れない感じでしたが、ケガをした時の痛みはなかったんで大丈夫でした」と精神面の成長もうかがせた。

目の上に傷口は見られたが、あとはノーダメージのようだ

 今後に向けては、「これで世界一と言われても、まだ海外の強豪がいるので。このベルトをかけて海外の選手と戦いたいと思っています。トーナメントは8人と決めることはなく、4人でも十分に楽しめるはず。チャンピオンなので、あえてそういう発言もしていきたいですね」とチャンピオンのプライドを垣間見せた。

 最後に野杁は、「さらに強くなっているので、今後の僕に期待してください。今後も怪物らしく、バッタバッタと相手を倒していくので応援をよろしくお願いします」とKO宣言で締めた。

●編集部オススメ

・昨日の試合【K-1】怪物覚醒!野杁正明が安保瑠輝也を沈め、パーフェクト優勝、第2代ウェルター級王者に

・[試合後インタビュー]K-1二階級制覇の野杁正明、安保瑠輝也戦は”作戦通り”「ボディかローで倒すと決めていた」試合前には筋断裂も

・[試合後インタビュー]安保瑠輝也、野杁正明戦を振り返る「まさかボディで倒れるとは。呼吸できないボディは初めて」

・『K-1』9.20 全試合結果(安保瑠輝也、京太郎、石井慧など)K1 横浜アリーナ大会

・K-1ファイター菅原美優が1st写真集『きゅんです』発売、美ボディで水着やバニーガール姿も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧