TOP > ニュース 一覧

【K-1】安保瑠輝也、野杁正明戦を振り返る「まさかボディで倒れるとは。呼吸できないボディは初めて」=試合後インタビュー

2021/09/20(月)UP

試合後のインタビューに応じた安保

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜よこはまつり〜』の【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦で野杁正明(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)にKO負けを喫した安保瑠輝也(25=team ALL-WIN)が試合後インタビューに応じた。

 優勝候補と言われた野杁の逆側のブロックで1回戦を迎えた安保。1回戦はアラン・ソアレスを強烈なハイキックでダウンを奪い、左フックでKO。準決勝はKrush王者の松岡力と対戦して3R左ボディフックで悶絶KO勝利。順当に決勝に進出したが野杁にKO負け、悲願の王座戴冠とはならなかった。

Krush王者・松岡を相手に左ボディでKO勝利した安保

 「シンプルに悔しい」と率直な感想を語った安保。「1Rと2Rは良かったけど、最後は野杁選手の得意なところに持って行かれた」と試合を振り返った。

 野杁の圧力に対して安保は対策を練っていた。ボクシングテクニックに磨きをかけ、今回を試合に挑んでいたこともあり、序盤から左のジャブで牽制し、威力のあるワンツーや右フックを野杁のガードの上から叩き込んだ。飛びヒザ、胴回し回転蹴りなどで序盤から積極的に攻めたが、2Rの後半にかけて野杁の圧力にコーナーに詰まる場面が増え、遂に野杁の3Rにボディ攻めでKO負けした。

この野杁のボディフックで安保は息ができなかったという

「野杁選手のような圧力に対応する技術をやってきた。1、2Rはハマっていたけど、最後に捕まってしまった。覚悟が足りなかったですかね。試合中、まさか試合でボディで倒れるとは思っていなくて、ヒビ入っているか折れているか、呼吸できないようなボディを試合中に初めて食らいましたね」と安保は語った。

 今後については「野杁選手に勝てないというのは、今日やって思わなかった。今日は敗者で『次やる時は俺が勝つ』とリング上で言わせてもらいました。『負けずに待ってるから這い上がってこいよ』と言われましたね。スーパー・ライトには落とせないので、野杁君の首を狙ってやっていきたい。散々大口叩いて結果的に口だけになってしまった。ここからさらにウェルター級のチャンピオンに挑戦していく格闘技人生を選んでいこうと思う」と話した。安保の復活を楽しみにしたい。

●編集部オススメ

・【K-1】怪物覚醒!野杁正明が安保瑠輝也を沈め、パーフェクト優勝、第2代ウェルター級王者に

・『K-1』9.20 試合結果 速報 K1 横浜アリーナ大会

・【K-1】”野獣化”芦澤竜誠が、卜部弘嵩との再戦を大差で制する

・[本日の試合]野杁正明が新鋭の寧仁太・アリをボディで92秒葬、圧倒的な強さで決勝へ

・[本日の試合]初参戦・石井慧がゴリゴリのパワーで愛鷹亮を下す、継続参戦を希望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧