TOP > ニュース 一覧

【RISE】鈴木真彦、那須川天心戦は「やっぱり勝ちたかった」那須川のテクニックを認める

2021/09/24(金)UP

鈴木真彦が那須川天心との試合後、インタビューに答えた

 9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMMで開催された『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』で那須川天心(23=TARGET/Cygames)に判定負けを喫した、RISEバンタム級王者の鈴木真彦(24=山口道場)が試合後インタビューに応じた。

 試合を終えて鈴木は「ただただ悔しい。6年前は何もさせずに負けてしまった。何もさせてもらえてない印象しかなかった。今回戦ってみて改めて強いなと思いました」と悔しさを滲ませた。

那須川(左)にパンチを当てる場面もあった鈴木だが、対策を出しきれなかったと振り返った

 那須川戦では、鈴木の普段通り相手に対してまっすぐパンチとヒザ蹴りで攻めるスタイルはなかった。「負けて言うのもあれですけど、もっと勝負に出たらよかった。そうさせない那須川天心選手の強さを感じた」と、攻めに転じることをさせてくれなかったという。

「ミドルなどの蹴りを蹴っていって自分の距離に入る。突っ込まずに入ってから勝負する」との作戦を試合前には立てていたが、「上手かったのであまりできなかった」と対策を全て出し切る事はできなかった。

強烈な左をヒットさせる那須川

 那須川の強烈なカウンターも、中に入れなかった理由だ。「強引に入っていけば良かったけど、カウンターを意識しすぎました。気持ちのこもった試合をしたかったですね。自分に悔しいです」と攻めの甘さに悔いを残しているようだった。

 普段から負けず嫌いで知られる鈴木。今回の敗戦後、すっきりとした気分ではないという。「やっぱり勝ちたかった」との言葉には、勝敗への執念を感じさせた。

 この那須川戦を皮切りに、もう数段階成長した姿を見せてくれることに期待したい。RISE王者としての強さを見せるべく、鈴木は次の戦いへ向かう。

●編集部オススメ

・【RISE】那須川天心、“ボクシング技術”で鈴木真彦を返り討ち、トーナメント優勝の風音との“同門マッチ”を示唆

・那須川天心、鈴木真彦戦を振り返る、武尊戦にも言及「決まるまでは何も言えない。全部状況が整えばやりたい」

・【RISE】原口健飛が生涯初ダウンからの逆転TKO勝利、”仮想ペットパノムルン”タップロンを下す

・【RISE】喧嘩自慢・YA-MANが北井智大を衝撃の43秒葬!OFGマッチで2連続KO勝利飾る

・『RISE』9.23横浜 全試合結果(那須川天心vs鈴木真彦、原口健飛、白鳥大珠、志朗、ベイノアほか)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧