TOP > ニュース 一覧

【RISE】逆転勝利の原口健飛は初ダウンのピンチも「よう盛り返したな」と自己評価、課題は対外国人戦の経験

2021/09/24(金)UP

一夜明け会見に出席する原口

 9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMMで開催された『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』でタップロン・ハーデスワークアウト(41=タイ/ハーデスワークアウトジム)を3R TKOで下した第6代RISEライト級王者・原口健飛(23=FASCINATE FIGHT TEAM)が、24日都内にて一夜明け会見に臨んだ。

 欧州の格闘技団体、GLORY世界フェザー級王者ペットパノムルン・キャットムーカオとの対戦が内定している原口はタップロンを”仮想ペットパノムルン”と想定。多彩な蹴り技でタップロンを攻めるが、2Rには首相撲からのヒザ蹴りを浴び生涯初のダウン。3Rにダウンを奪い返すと、連打をまとめTKO勝利を呼び込んだ。

ベイノア、山田洸誓も倒せなかったタップロンをKOした原口の右フック

 逆転勝利から一夜明けた原口は「ダウンをもらって落ち込みはしましたが、RISEでベイ(ノア)さんや(山田)洸誓さんも倒せなかった相手を階級下の僕がKOできたのは自信になりました」と喜びの表情を見せた。

 よほど逆転勝利で安心したのか、改めて試合を振り返り「よう盛り返したな」と自画自賛を見せる原口。一方でこのダウンを「これは運命」と、RISEを引っ張るための試練と捉える一面を見せ「RISEを背負ってくれよという運命と思って、自分を信じてよかった」と意味ある一戦であったという見解を示した。

人生初のダウンも原口は「よう盛り返した」

 大会全体を振り返った原口は、セミファイナルで志朗を下し「RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント」を制した風音を絶賛。「試合が終わったときは大会ベストバウトは俺かと思ったけど、風音君が持っていった」と、風音のインパクトを評価。さらに「地方から環境を理由に都内に出た人であまり成功した人を見ていない。風音君はそれを覆した。ほんまに素晴らしかった」と、風音の努力の結実を評価し、勝算の言葉を贈った。

 ベストバウトこそは逃したものの、RISEの次期エースとして着実に実績を積み重ねる原口は、今後の課題として「経験」を挙げた。テーマは「対外国人」。新型コロナの影響で入国が難しい点を踏まえつつ「タイ人とか強い外国人選手とやって経験を積むのが大切」という考えを示した原口は、対戦が内定しているペットパノムルンとの一戦も含めた対外国人戦に強い意気込みを見せた。

●編集部オススメ

・[前夜の試合]原口健飛が生涯初ダウンからの逆転TKO勝利、”仮想ペットパノムルン”タップロンを下す

・那須川天心、“ボクシング技術”で鈴木真彦を返り討ち、トーナメント優勝の風音との“同門マッチ”を示唆

・山口裕人の剛打爆発、曲者・稲石竜弥から2度ダウンを奪いオープンフィンガーグローブマッチ初勝利

・喧嘩自慢・YA-MANが北井智大を衝撃の43秒葬!OFGマッチで2連続KO勝利飾る

・衝撃の番狂わせ!風音が優勝候補・志朗との激闘を制し悲願トーナメント優勝、同門の那須川天心へ挑戦状

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧