TOP > ニュース 一覧

【GLORY】“ピーター・アーツ2世”王者ヴァーンホーヘン、ベルトを賭けて因縁のベンサディックと3度目の決着戦=10.23

2021/10/09(土)UP

10.23大会、ヴァーンホーヘン(左)とベンサディック(右)が激突!@GLORY

 10月23日(現地時間)にオランダ・アーネムのヘルレドームで開催する世界最大級のキックボクシングイベント『GLORY: COLLISION 3』のヘビー級タイトルマッチにて、王者・リコ・ヴァーンホーヘン(31=オランダ)が挑戦者で同級1位のジャマール・ベンサディック(31=ベルギー/モロッコ)と防衛戦を行うことが決定した。

【動画】ヴァーンホーヘンが怒涛のKOシーン!=4年前のベンサディックとの対戦

 ヴァーンホーヘンは当初、今年GLORYに電撃参戦した元K-1世界王者のアリスター・オーフレイム(41=オランダ)とタイトルを賭けて激突することになっていたが、先日にアリスターが負傷により欠場。大会2週間前にして、ベンサディックと対戦することとなった。

17年、2度目の激突、雪辱を果たし咆哮するヴァーンホーヘン(左)

 ゴリアテ(巨人兵)の愛称を持つベンサディックは身長2m、体重120kg以上ある巨漢ファイター。45戦のキック戦歴を持ち、36勝のうち29個のKOの山を築いてきたKOアーティストだ。13年のGLORY日本大会に参戦し、逆転KO負けしたものの、レジェンドのピーター・アーツとの激闘は会場を大いに沸かせた。

 対するヴァーンホーヘンはその類い稀な才能から“ピーター・アーツ2世”と呼ばれ、24歳から7年間GLORYのヘビー級の頂点に君臨している絶対王者。
 今年1月にヘビー級のワンデートーナメントに現王者として参戦し、元IT’S SHOWTIME世界ヘビー級王者のヘスディ・ゲルゲスや強豪タリック・ケバベスを撃破し、圧倒的な強さを見せつけた。

 両者は過去2度対戦しており11敗のタイ。さらに、どちらも勝った時は相手をKOしている。予想外な形で生まれた両者の決着戦。最後までリングに立っているのはどちらだ。

▶︎次ページは【動画】ヴァーンホーヘンが怒涛のKOシーン!=4年前のベンサディックとの対戦

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【GLORY】元K-1王者アリスターが負傷でタイトル戦を欠場「40%の状態、真っ直ぐ歩けない時期があった」と謝罪=10.23

・【GLORY】元K-1王者アリスター、11年ぶりキック復帰戦でいきなりのヘビー級タイトルマッチ!“アーツ2世”絶対王者ヴァーホーベンと激突=10.23

・【GLORY】“ピーター・アーツ2世”ヴァーホーベンがTKOでヘビー級T優勝

・【GLORY】ヘビー級頂上対決は王者リコが最終回TKO勝ち、6度目の防衛果たす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧