TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】王座陥落の斎藤裕が“無念の敗戦”を振り返る「止められても仕方のない傷の深さ、ここで終わりたくない」

2021/10/25(月)UP

牛久の飛びヒザ蹴りで大流血の斎藤

 10月24日(日)神奈川・ぴあアリーナMMで開催された『RIZIN.31』のRIZINフェザー級タイトルマッチで、牛久絢太郎(K-Clann)に2R TKO負けを喫した、斎藤裕(パラエストラ小岩)が25日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、一夜明けての心境を語った。

【動画】斎藤の額を割った牛久の飛びヒザ蹴り!

 斎藤は「昨日試合が終わって家に帰ってきまして、全く寝てないです。本当に沢山の方々に応援してもらって、会場でもすごく、あの青色のタオルやTシャツ(斎藤の応援グッズ)が見えたんで、すごく良い光景だなって思って試合に臨むことができました」と、冒頭からファンへ感謝のメッセージ。

運命の瞬間までは斎藤のペースだった

 2R終盤に牛久の飛びヒザ蹴りを顔面に被弾し右目上を大きくカット。大出血となりドクターストップのTKO負けを言い渡された斎藤。「本音は最後までやらせて欲しいと言う気持ちがありましたけど、ドクターの方の見解によると、結構傷が広いと言うか深くて、これ以上やると、角膜というか、眼球を傷つけると言う話になると言われたが、なかなかその場では受け入れずにいた」と、当時の心境を吐露。

歓喜の咆哮をする牛久

 続けて「(しかし)あとで自分の切られた顔を見ると、止められても仕方ないのかなって言う様な傷の深さだったのかなと。個人的には眼球が傷つく位だったらできるのにって、あと5分はなんとでも耐えることができるって言う風に思ってはいたんですけど、ルール上はそういった取り決めがあるので」と、悔しい本音を語った。

 斎藤は改めて、今回メインとなった自分を応援してくれたファンや、会場やペイパービューで観戦してくれた方々に対し、心からの感謝の気持ちを述べると、最後に「傷の方はそこまで(回復まで)長くかからないと思うので、治療を早く進めて、練習に戻り、コンディションを整える。ここで終わりたくはないので、もうひと踏ん張り、ふた踏ん張りしたい」と、力強く早期の復活を誓った。

▶︎次ページは【動画】斎藤の額を割った牛久の飛びヒザ蹴り!

●編集部オススメ

・【RIZIN】驚愕の番狂わせ!斎藤裕が大流血TKO負けで王座陥落、牛久絢太郎が飛びヒザ蹴りで斎藤の額を割く

・【RIZIN】王座陥落の斎藤裕「出来るだけ早くリマッチを、早く怪我を治したい」牛久の飛びヒザ蹴りで6-7針縫う結果に

・【RIZIN】牛久絢太郎、斎藤裕を切り裂いた飛びヒザは「狙っていた」なぜ当たったのか

・【RIZIN】どうなるフェザー級戦線、世界GP開催の最有力候補!クレベル・コイケからは「正式に僕らにアプローチはない」=榊原CEO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧