TOP > ニュース 一覧

【ジャパンキック】全試合順決定、Wメインは日泰国際戦で瀧澤博人vsウィサンレック、永澤サムエル聖光vsトーンミーチャイが決定=11.21

2021/11/05(金)UP

退会ポスター

 11月21日(日)に東京・後楽園ホールで開催される『KICK Insist11』の試合順が決定した。

 Wメインイベントとして行われる、第10試合、第9試合は日泰国際戦となる。第10試合ではWMOインターナショナルフェザー級王者の瀧澤博人(ビクトリージム)が、ウィサンレック・MEIBUKAI(タイ/MEIBUKAI/元ルンピニースタジアム認定フライ級&バンタム級王者)と対戦。

 瀧澤は長いリーチを活かしたしなやかな蹴りと飛び膝蹴りを得意とし、2014年10月に当時無敗の重森陽太を下して新日本キック日本バンタム級王座を獲得。ジャパンキックには2019年5月のプレ旗揚げ興行から参戦し、昨年11月にはWMOインターナショナル・フェザー級王座を獲得している。

瀧澤博人vsウィサンレック・MEIBUKAI.jpg

 対するウィサンレックは、かつてはムエタイの殿堂ルンピニースタジアムでフライ級&バンタム級王座に就き、2階級制覇を達成した戦績300戦を超える選手だ。

 第9試合では永澤サムエル聖光(ビクトリージム/ジャパンキック&WBCムエタイ日本統一ライト級王者)がトーンミーチャイ・FELLOW GYM(タイ/元泰国イサーンバンタム級王者)と対戦。

 第8試合、第7試合はWセミファイナルで、それぞれ今野顕彰(市原ジム/ジャパンキックミドル級王者)vsボーイ・OZ GYM(タイ/OZ GYM)、細田昇吾(ビクトリージム/スックワンキントーンフライ級王者)vs阿部晴翔(チームタイガーホーク/WMC日本フライ級3位)が決まっている。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報

●編集部オススメ

・【ジャパンキック】モトヤスック、左フックで初回一撃KO勝利!瀧澤博人は右ハイキック、内田雅之は回転ヒジ打ちで劇的勝利

・【ジャパンキック】20歳の馬渡亮太がヒザで差をつけ三冠達成、モトヤスックはNJKF交流戦にKO勝ち

・【ジャパンキック】緑川創がモトヤスックに大差の判定勝利

・美人空手家・長野じゅりあ、ビキニ姿でライダーキック! 全国大会出場に意欲も=週プレグラビア

・美人空手家の長野じゅりあ、ビキニでドキドキのグラビア初体験=清水希容の元ライバルで世界優勝経験も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧