TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】モトヤスック、左フックで初回一撃KO勝利!瀧澤博人は右ハイキック、内田雅之は回転ヒジ打ちで劇的勝利

2021/05/29(土)UP

モトヤスックが初回に左フックでTKO勝利を飾った

ジャパンキックボクシング協会
『challenger2  〜Beyond the limit〜』
2021年5月29日(土)東京・後楽園ホール

喜入が右ローを放つ

▼メインイベント 67kg契約3分5R
◯モトヤスック(ジャパンキック ウェルター級王者/治政館)
TKO 1R 1分09秒 ※左フック
●喜入 衆(元ルンピニージャパン ウェルター級・初代muaythai openウェルター級王者/NEXT LEVEL渋谷)

 モトヤスックは、昨年1月に政斗との同門対決タイトルマッチを制し初代ジャパンキックウェルター級王座を獲得。同3月に高校を卒業したばかりの治政館の若きエースだ。今年1月には、NJKFとの交流戦で、NJKFウェルター級2位の野津良太に2R TKO勝利を収めており、絶好調だ。

モトヤスックのこの左フックがアゴを打ち抜いた

 対する喜入は打たれても前に出るタフネスを武器に、70戦以上のキャリアを誇る。これまでRISE、J-NETWORK、シュートボクシングなど様々なリングで活躍し、LPNJウェルター級、MuayThaiOpenウェルター級、J-NETWORKスーパーライト級の三冠を手中に収めてきた。

 1R、喜入がテンポ良く左右のローを蹴る。すると、モトヤスックが喜入が右ローを蹴ると、強烈な左フックをクリーンヒット。これが喜入のアゴを打ち抜き、喜入が吹っ飛ぶように倒れてダウン。喜入そのまま棒のようになって痙攣して動くことが出来ず。レフェリーがストップした。モトヤスックが1R衝撃TKO勝利を飾った。倒された喜入はしばらく動くことは出来ずに担架で運ばれた。

 勝利したモトヤスックは「僕に時間をください」とファンに呼びかけ「先日、私ごとですが、自分の応援してくれていたおじいちゃんが亡くなってしまいました。今日は見守ってくれていると思うので挨拶だけさせてください。おじいちゃん本当にありがとうございます」と今は亡き祖父に勝利を捧げた。

 また、モトヤスックは8月22日のジャパンキックのメインイベントで、元WKBA世界ウェルター級王者・緑川創との対戦が発表された。

緑川(左)とモトヤスック(右)の対戦が決まった

 対戦が決まった緑川はリングに上がり「武田(幸三)さんからオファーいただいて、若くて勢いのある選手とやってくれと言われて引き受けました。連戦ですが、容赦なくぶっ飛ばします」とコメントした。

●編集部オススメ

・【ジャパンキック】ウェルター級王者・モトヤスック、三冠王・馬渡亮太や”歌うキックボクサー”瀧澤博人が出場=5.9後楽園

・【ジャパンキック】20歳の馬渡亮太がヒザで差をつけ三冠達成、モトヤスックはNJKF交流戦にKO勝ち

・【ジャパンキック】新春1月大会は元ラジャ王者・武田幸三プロデュース、若き二冠王・馬渡亮太がWMO王座に挑む

・【ジャパンキック】瀧澤博人が接戦制してWMO王座を戴冠、シラーが止まらぬ攻撃で完勝

・【新日本キック】ぱんちゃん璃奈が計量パス、来年のベルト奪取に向け「しっかり倒して決める」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧