TOP > ニュース 一覧

【Krush】元王者・牧平圭太が引退エキシビションマッチで野杁正明と対戦=1.28

2021/11/30(火)UP

牧平圭太、手に持つのはエキシビションマッチで対戦する野杁正明の写真(C)K-1

 2022年1月28日(金)に東京・後楽園ホールで開催される『Krush.133』で第3代Krushウェルター級王者・牧平圭太の[引退エキシビションマッチ(2分2R)]が行われる。エキシビションマッチの相手は、2012年8月に対戦し、判定負けを喫している野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に決定した。

 現役引退を発表した牧平は、2014年4月にKrushウェルター級王座を獲得。翌2015年7月の初代K-1スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントでは日本人として唯一のベスト4進出を果たした。

Krush -67kg級王座獲得時の牧平(2014年4月)

 牧平と野杁の前戦では、3Rに反則のサッカーボールキックを放った牧平が減点を受けているが、会見に同席した中村プロデューサーは「当時、僕は解説の仕事をしていて、反則そのものは悪い行為なのですが、(牧平の)必死に勝ちたいという気持ち、試合前に『何が何でも勝つ』と言っていたことをリング上で覚悟を持って出せる選手だなと思って、あの試合は非常に印象に残っていました。最後のリングはそういうものを見せてくれた野杁選手との一戦がいいんじゃないかなと思い、今回野杁サイドにオファーしたところ快く引き受けてくれました」と今回のエキシビションマッチの経緯について説明した。

蹴りを放つ牧平(2017年9月)

 会見に出席した牧平は「もう一度試合をしようと過ごしてきましたが、ダメージも溜まりに溜まったので引退を決めました。自分の格闘技人生はほぼKrushとK-1で試合をやらせていただき、Krushでチャンピオンになることができ、まだまだ全然ですが、人として成長することができました。最後は大好きなKrushで現役生活で関わって下さった方々に感謝の気持ちを持ち、1月のリングに上がらせていただきます」と挨拶。

 野杁に強いという印象しかないという牧平は、エキシビションマッチへ向け「2カ月間で最後に身体を作りたいと思います」と意気込む。引退後は、地元・広島で選手育成に励んでいく予定だという。

 また、牧平の同門・先輩の、9月のK-1横浜アリーナ大会で現役引退した山内佑太郎の引退セレモニーも今大会で行われる。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは現役引退を発表した牧平圭太のコメント

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・牧平圭太がKrush -67kg級王座を手にした試合(ページ中段)

・【Krush】牧平がエズビリとの接戦を制して初防衛

・【K-1】牧平圭太、KENJIを左ハイで圧倒しリザーブ権獲得

・【Krush】牧平圭太、小鉄を下し-67kg級トーナメント出場に名乗り

・【Krush】渡部と延長の接戦、牧平がV2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧