TOP > ニュース 一覧

堀口恭司、傷を縫いリベンジ宣言「しっかりぶっ飛ばす!」3月のバンタム級ワールドGP参戦へ

2021/12/06(月)UP

堀口恭司が無事を報告、右目下の傷は手術で何針か縫ったと報告した(堀口恭司YouTubeより)

 12月4日(日本時間)米コネチカット州にて開催された総合格闘技イベント『Bellator 272』でバンタム級王者・セルジオ・ペティス(28=米国/ルーファスポーツ)に始終優位に進めながら大逆転KO負けを喫した前王者・堀口恭司(31=ATT/RIZINバンタム級王者)。失神し担架で運ばれ心配されたが、本日6日、YouTubeで報告した。

【動画】ペティスが堀口にKO勝利する瞬間のスロー映像と連続写真

 堀口は「負けは負けでしっかり認めて、次、来年はバンタム級トーナメントがあるので、そこで優勝して、ついでにしっかりぶっ飛ばそうかなと思ってます」と来年3月から開始予定の8人制の『Bellatorバンタム級ワールドグランプリ』に向け意気込んだ。

 ファンからは心配する声が多かったが「自分は全然元気なんで、たくさんの心配のコメントやメッセージありがとうございます。ただ大の字に伸びただけで全く問題ないんでありがとうございました。ここ(右下頬の部分)をちょっと縫ったくらいですけど全然問題ないです。期待に応えられなくて申し訳なかったです。また頑張ります」とメッセージを送った。

  縫った傷は抜糸まで1~2週間。バンタム級トーナメントへの影響もほとんどないだろう。このトーナメントは今回堀口に勝ったペティスも参戦するため、意気込み通り”ぶっ飛ばして”優勝を期待したいところだ。

▶︎次のページは【フォト&動画】ペティスが堀口にKO勝利する瞬間のスロー映像と連続写真

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・堀口恭司にKO勝ちのペティス「やられっぱなしだった」逆転劇を語る

・【ベラトール】RIZIN王者・堀口恭司が衝撃の“失神”KO負け!王者ペティスの“バックブロー”一撃で大の字ダウン、担架で運ばれる

・【RIZIN】朝倉海、堀口のカーフキックで全治1ヶ月半

・空手美女 長野じゅりあ、自主MVで2人に襲われるもミニスカで撃退する姿を公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧