TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉海、足は筋断裂も手術は免れる、堀口のカーフキックで全治1ヶ月半「3.14間に合う」

2021/01/08(金)UP

堀口のカーフキックのダメージが心配されていた朝倉海(右)

 1231日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.26』のメインイベントで行われたRIZINバンタム級タイトルマッチ。挑戦者の堀口恭司が王者・朝倉海(以下、海)をKOで下し、王座奪還に成功した。

 そのキーとなったのが堀口のふくらはぎを狙ったカーフキック。そのキック3発で朝倉は膝をつくほどダメージを負い、以降は堀口がパンチで攻勢となりKO勝利した。
 試合後、控え室へセコンドに肩を借り足を引きずりながら向かう姿がRIZINのYouTubeで公開され、怪我の具合が心配されていた、

堀口のカーフキックにパンチをカウンターで合わせる朝倉

 朝倉は昨夜7日、自身のYouTubeを更新「MRIを撮って、骨は大丈夫で靭帯も問題なく筋断裂ってやつでしたね。やっぱり。筋肉の筋が結構切れてて、炎症が起きている感じで全治1ヶ月半って言われましたね。レベルが3段階あり、完全にブチ切れているのがレベル3でそうすると手術が必要だけど、これはレベル2ぐらい。ほぼ切れてるけど、一部繋がってるみたいな。でも不幸中の幸いって感じでしたね」と報告した。

 朝倉はこれまで骨折で全治3ヶ月と言われても1ヶ月で治ったことから、今回も3週間くらいで治るだろうと予測。治療期間は上半身のトレーニングに集中するとし、3月14日のRIZIN東京ドームには間に合うと話した。「そこで復帰戦ができると思いますので、皆さん楽しみにしていてください」と話した。

堀口のカーフキックでマットにヒザをつく朝倉海

 今月2日までは歩けなかったという海、現在はジャンプはできないが歩けるほどには回復し、「今月中には練習を再開できるかな。本当に早くリベンジすることしか考えてない。カーフキックの練習もしたい」と意気込みを語った。

 そして動画では朝倉が昨年の抱負の実現度を振り返り、そして2021年の抱負を語っている。

 堀口へのリベンジを口にした朝倉、兄の未来も海の試合からカーフキック対策を思いついたと語っており、リベンジに向け歩み出すだろう。これまで1勝1敗の堀口と海、2戦とも1R KOで決着がついている。第3戦で勝つのはどちらか。

▼朝倉海が脚の状態と、今年の抱負を語る映像(KAI Channelより) 

●編集部オススメ

・朝倉海、堀口恭司のカーフキックで「完全に足を効かされた、動けなかった」と敗因を分析

・堀口恭司、朝倉海を1R KOで王座奪還「やっと取り戻した」(動画あり)

・朝倉未来が“堀口カーフキック”を語る、弟の完敗と認めるも「攻略方法を思いついた」

・朝倉海が挑発するシバターを23秒で絞め落とす「俺の本気はRIZIN、会場に観に来て」(動画あり)

・朝倉海がNHK俳句で感性見せる、季語“枯木”は敗北から勝利への蓄え

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧