TOP > ニュース 一覧

【Krush】脱力王者・松岡力、若き挑戦者の寧仁太・アリに「やりたくない、殴らんといて」寧仁太は弱点克服に自信

2021/12/23(木)UP

タイトルマッチに臨む王者・松岡(左)と挑戦者・寧仁太(C)K-1

 2022年2月20日(日)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.134』の第1弾カード発表記者会見が行なわれた。
 ウェルター級王者・松岡力と寧仁太(アニンタ)・アリによるタイトルマッチが決まった。

【動画】松岡が怒涛のパンチラッシュでKO!相手は棒立ち

 松岡は今年4月に加藤虎於奈に勝利して王座を獲得。9月K-1横浜アリーナ大会でのK-1ウェルター級王座決定トーナメントでは準決勝で安保瑠輝也に敗れたものの、気迫あふれるファイトで会場を沸かせた。

強烈なパンチで攻める松岡

 対する寧仁太は2019年8月にプロデビューし、そこから4連勝。9月K-1横浜アリーナ大会でのK-1ウェルター級王座決定トーナメントでは準決勝まで勝ち進むも、野杁正明の強烈なボディ攻めでマットに沈んだ。プロ初黒星からの再起戦で松岡の持つKrush王座に挑む形となる。

 常に飄々とコメントする松岡はこの日も「相手は強いのであまりやりたくないのですが頑張ります」と脱力コメント。また「(寧仁太が)トーナメントで3位だったので、確実にそうなるだろうなとは思っていました。実際に決まると、嫌なものですね」と王者らしからぬボヤきが続く。

強烈飛びヒザをヒットさせる寧仁太

 寧仁太が松岡に対し「面白い人。試合ではバチッと切り替えてやってくれるお兄さん的な感じの選手。胸を借りるつもりでしっかりベルトを獲りにいきます」と爽やかに応えると、松岡は寧仁太に「ファイターとしては一流で手足も長くて強いのですが、いい人オーラが滲み出過ぎてあまり殴りたくないなという感情があります。お兄ちゃんという印象があるなら、殴らんといてほしいですね」と手加減を要求した。

 寧仁太は野杁戦でプロ初黒星。これを踏まえ寧仁太は「野杁選手にボディで倒されてしまったので、今までやってきてなかったフィジカル強化を重点的にやっています。あと(ジム代表の梶原)龍児さんと色々と話して、自分の伸ばすところ、弱点を克服するような練習をしています」と明かし「今までやってきていないことをやっているので、2月は全然違う選手になっていると思う」と己の成長に自信を持つ。

(C)K-1

 すると松岡は寧仁太に「見るからに生まれもったものがある。これにフィジカルをしてきたら嫌ですね。僕のフィジカルは超絶普通で中の中」と日本とガーナのハーフでもある寧仁太とフィジカル的に差が大きいと愚痴る。

 寧仁太の所属するK-1ジム総本部チームペガサスは、瓦田脩二、璃明武、軍司泰斗と、K-1・Krushで王座獲得が続いている。寧仁太もその一員として「僕もベルトを巻いて4人で写真を撮れたら最高」とタイトル獲得へ闘志を燃やしていた。

 最後に松岡も「僕はそんなに若くはないので、2022年はタイトルマッチをこなして試合数もこなす。最後は野杁君、安保君に辿り着けたらいいかなと思います」と2022年の野望を語ってみせた。

<対戦決定カード>
▼Krushウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
松岡力(王者/K-1ジム五反田チームキングス) 
vs
寧仁太・アリ(挑戦者/K-1ジム総本部チームペガサス)
※王者・松岡は初防衛戦

▶次ページ:【動画】松岡が怒涛のパンチラッシュでKO!相手は棒立ち

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【K-1】松岡力が静から動の怒濤ラッシュ、ドゥワンソンポンをKOに沈める=ウェルター級T

・武尊がサウスポー相手とスパー「今日もやりきった!」 ”夢の対決”実現へ準備完璧

・【K-1】怪物覚醒!野杁正明が安保瑠輝也を沈め、パーフェクト優勝、第2代ウェルター級王者に

・那須川天心、試合難航の理由を榊原代表が説明、武尊ら強豪選手も候補に

・K-1ファイター菅原美優が水着やバニーガール姿!1st写真集『きゅんです』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧