TOP > ニュース 一覧

RISEが欧州最大キック団体GLORYと提携! 多数の海外強豪、襲来なるか

2022/01/05(水)UP

RISEが欧州キック最大GLORYと電撃提携!

 キックボクシング団体『RISE』は5日、欧州最大のキックボクシング団体『GLORY』(以下、グローリー)との提携を発表した。
 この提携は、双方の団体間の選手交流を促し、競技レベルの向上と活性を目的とする。詳細については、今月下旬に記者会見にて発表するという。

 RISEの伊藤隆代表は声明で「GLORYとの提携で世界と戦える選手を育成して更に盛り上げていきます。対抗戦など色々仕掛けをしてきますのでご期待ください!」とコメント。

ペットパノムルンが飛び膝蹴り!原口を圧倒した

 グローリーのエグゼクティブ・バイスチェアマンのスコット・ラッドマン氏は、我々は、今回のコラボレーションについて、伊藤会長とRISEの皆様に感謝いたします。RISEは、世界的に見ても大変優れた立ち技競技団体です。GLORYは、10年間の歴史がありますが、19年間の歴史をもつRISEと日本においてキックボクシングとマーシャルアーツの人気を高めていくことができると確信しています」とコメント。

 続けて「GLORYは、日本で2012年12月31日、『GLORY 4』という大会を日本で開き、16人が参加するワンナイトヘビー級トーナメントを行い、その後、この形式で格闘イベントを開いてまいりました。我々は、素質のあるRISEの選手たちとGLORYの選手が戦う機会をもつこと、そして、GLORYとRISEが協同してより多くのファンの皆様に我々の素晴らしいスポーツをお見せしたいと思っております。我々は、RISEと一緒に、後に、我々の第一弾のイベントの詳細をお届けいたします(原文ママ)」と、 日本のファンに向けてメッセージを送った。

 RISEは昨年11月の大阪大会に、グローリーの世界フェザー級王者のペットパノムルン・キャットムーカオ(タイ/Kiatmuu9)を招聘。ペットパノムルンは、RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝者の原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM)を判定3-0で下し、世界の壁の高さを知らしめた。

 コロナ状況の如何によるが、今後、グローリーから多数の世界トップの強豪が来日し、RISEのリングをさらに盛り上げてくれることに期待したい。

▶︎次ページは【動画】これが欧州最大GLORYのトップ選手だ!21年の壮絶KOシーンをチェック

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RISE】原口健飛が敗北、65kgキック“世界最強”ペットパノムルンの厚い壁

・【RISE】オープンフィンガーグローブのみの大会が開催、YA-MANに続く”成り上がり”は出るか

・天心vs武尊の会場は“新国立競技場”も視野、20年前の史上最大級の格闘イベント『Dynamite!』の再現なるか

・【GLORY】“ピーター・アーツ2世”ヴァーホーベンが21年最優秀選手に!ベンサディックとの激闘TKOが評価

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧