TOP > ニュース 一覧

休養宣言の朝倉海、右手骨折が医者も驚く回復力「そろそろ動き出します」

2022/01/26(水)UP

大みそかのRIZINで右手を骨折したが、ギブスが外れたことを報告した(「ほのぼのかいちゃんねる」より)

 朝倉海(28=トライフォース赤坂)が、昨日25日、自身のYouTubeチャンネル『ほのぼのかいちゃんねる』で『拳が治ってきました』と題した動画を公開した。朝倉は、昨年の大みそか「RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント準決勝の瀧澤謙太戦で右拳を骨折。そのまま決勝の扇久保博正戦を戦い、ケガを悪化させていた。今月5日には、全治3ヵ月を報告したばかりだった。

【フォト】初公開! 骨折時、グローブのように大きく腫れた朝倉の右手

 24日には『KAI Channel』で「格闘技から少し離れてみることにしました」と報告し、中華街での食レポやリフレッシュの時間にあてていた。休養中はアニメの『ワンピース』を見まくっていたようで、「負けても強くなるルフィーを目指す」と自分と照らし合わせていたことを明かした。右手のギプスが痛々しい感じだったが、プレッシャーから解放された朝倉の笑顔がこれを相殺した。

 翌日にアップされた動画は、右手でコーヒーを入れる姿から始まる。その手はギプスが外れており、病院でレントゲン撮影をしたら骨がほぼくっついていたようで外すことになったようだ。約3週間でほぼ骨がくっついたことは、医者も驚く回復力だという。

大晦日の試合後、骨折しギブスをはめた朝倉海(KAI チャンネルより)

 それでも患部を押すと痛みがあるようで、完治まではもう少し時間がかかるようだ。
 朝倉は「メインの動画で『格闘技からしばらく離れます』と配信したけど、結構、限界がくる。練習をやりたくなって、走っちゃいました」と、こっそりと練習を再開していたことを明かした。
 トレーニングを止めてから筋肉が落ちて体重が減ってきたようで、「腹筋運動もやった」と苦笑した朝倉。彼の人生から格闘技を奪うことはできないのだろう。

この右ストレートのカウンターで骨折

 気になる復帰時期だが、2月に入ったら「筋トレを再開する」予定だという。ジムワークを含めて本格的に練習を再開するのは2月中旬で、試合は「これから榊原さんと話し合いをしていきますが、6月か7月、夏くらいかな」と朝倉。「そろそろ動き出しますよ」と前向きなコメントを残した。

 朝倉が休んでいる間にも、国内外のライバルたちはすでに始動している。朝倉の次戦はいつになるのか、楽しみは増すばかりだ。

▶次ページは【写真と動画】初公開! 骨折時、グローブのように腫れた右手、そして怪我の朝倉による状況説明

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・ドン・フライが酔っ払い観客に絡まれ怒りのパンチ、UFC会場で騒動

・【RIZIN】決勝で敗れた朝倉海、準決勝で右手骨折も「自分が弱かっただけ。扇久保選手は強かった」

・【フォト】”武道美女”17歳・安井南の初グラビアは黄色と黒の”ブルース・リー”ビキニ

・18歳・8頭身女子ファイターAKARIが”ビキニ”で計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧