TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】初勝利のラウェイ世界王者・渡慶次幸平がMMA続行を明言「強い選手との対戦でも、納得してくれる選手になりたい」

2022/02/23(水)UP

ミャンマーの国旗を掲げてインタビュールームに登場した渡慶次

 2月23日(水、祝)エコパアリーナ(静岡アリーナ)で開催された『RIZIN TRIGGER 2nd』の第9試合(RIZIN MMA ルール)でハリー・スタローン(関谷柔術アカデミー)を右フックでKOした渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)が試合後インタビューに応じた。

 渡慶次は「世界一危険な格闘技」とも言われる拳にバンテージのみを巻いて戦うミャンマーの伝統格闘技「ラウェイ」に参戦し、世界王者となり、昨年11月のRIZIN沖縄大会で大原樹理と対戦して1R16秒で秒殺KO負け。今回は再起を懸けてスタローンと対戦し、見事にKOでRIZIN初勝利を手にした。
【動画】渡慶次が豪快右フックでKOする瞬間

渡慶次幸平の豪快な右フックがヒット!RIZIN初白星を手にした

 ミャンマーの国旗を背負ってインタビューに現れた渡慶次は、「いやー、全然、ダメでした。デビューして10年くらい経ちますが、初めて疲れました」と苦笑した。対戦相手の印象は、「際の打撃がうまくて、バックの時と立ち上がりに打撃をもらいました」と称えた。

 フィニッシュとなった右フックの場面は、「あの時、僕の頭の中はボブ・サップとバルトの試合かな、二人が両手をヒザについて休んでいたシーンがあったんですが、あれと同じでした。パンチが来ていると思うんですけど、何もできない酸欠状態で溺れそうでした」と振り返った。

 試合後に、3月の平本蓮戦を控える鈴木千裕へ激励メッセージを伝えたが、「おそらく次の試合も彼のセコンドについて、『力むな、まとめろ』とか、知ったぶりをすると思います」と苦笑した。

渡慶次の豪腕がうなる

 今後の展望については、「昨年、沖縄大会があってチケット完売したので、今年もあると思います。それで、呼ばれると思うんですが、今日の僕では勝てない。大原選手にぶっ飛ばされてから、頭を下げて彼のもとで15回くらい練習させてもらっているですが、毎週、毎日強くなってきて、今日の僕は明日の僕より強いと思うので、それを毎日積み重ねていきたい。明日の自分に期待したい」と自分との戦いだと主張。

 さらに、「僕は凡人なので、そうしたところを見てもらえたらと思います。堀口(恭司)選手や朝倉(未来)選手とか華やかでカッコ良く、綺麗に倒す選手もいていいと思うんですけど、僕は地味でも華がなくても見せられる自分になりたい。ライト級の強い選手と僕が組まれた時に、納得してくれる渡慶次になりたい」と続けた。

▶︎次ページは【動画】渡慶次が豪快右フックでKOする瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN TRIGGER】2.23 全試合 結果速報(クレベル・コイケvs佐々木憂流迦ほか)

・[この日の試合]ラウェイ世界王者・渡慶次幸平がKO勝利!強烈右フックで柔術家スタローンを沈める

・[この日の試合]クレベルがダウンを奪われるも、劇的な一本勝ち!元UFC佐々木憂流迦をチョーク葬

・[この日の試合]“投神”倉本一真、戦慄の“グラウンドヒザ蹴り”連打でTKO!頭部被弾の加藤ケンジは流血ダウン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧