TOP > ニュース 一覧

【BOM】ジュニアPFP・49冠王の曽我昂史がタイの地方王者相手にプロデビュー、期待の松井蓮汰がチューチャイと下克上マッチ

2022/03/30(水)UP

ジュニア49冠・コウシのデビュー戦は、いきなりタイ地方王者

 4月24日(日)大分・別府ビーコンプラザにて開催される『BOM WAVE08』の追加カード3試合が決定した。

 ジュニア49冠王のコウシ・ウォーワンチャイ(14/曽我昂史)が遂にプロデビュー戦を行う。対戦相手は、タイ国イサーン地方にあるクアンピンスタジアム王者のダオサイアム・ソーデッチャパン(15)。

階級上の空手王者にムエタイテクニックで圧勝するコウシ

 コウシはジュニア界の“パウンド・フォー・パウンド”と名高いエリートで、250戦以上の戦績を持つ。4月からは中学3年生となる14歳だ。49冠という全人未踏の記録を達成し、満を持してプロデビューする。

 相手はタイから来日する15歳で、地方スタジアムの王者・ダオサイアム。42kg契約(2分5R)戦となる。いきなりの王者クラスとの国際戦で、コウシはどのような戦いを見せるのか。


レンタがチューチャイと対決

 また、WMCインターコンチネンタル スーパーフェザー級王者キヨソンセン・FLYSKY GYMと、WMCインターコンチネンタル ライト級王者レンタ・ウォーワンチャイ(松井蓮汰)が62kg契約戦(3分5R)で戦う。

 キヨソンセンはムエタイの二大殿堂であるラジャダムナンスタジアムとルンピニースタジアムなどで200戦近くを経験したベテラン。日本国内では次々にヒジによるTKO勝利を重ね”毒針エルボー”の異名を持つ。
 20年12月には梅野源治に判定勝利するも、昨年4月には梅野とBOMライト級王座を争い敗れリベンジを許した。

ヒジ打ちで秒殺KO勝利するレンタ

 対するレンタはタイ現地・ラジャダムナンスタジアムでも試合経験を積み、昨年9月にはWMCインターコンチネンタル ライト級王座をKO勝利で戴冠。12月にはWPMFインターナショナル・ライト級王座も獲得し勢いに乗る。
 SNSでは「キャリア最強の相手ですが、自分が上に行く為必ず勝ちます!ひっくり返す!」と強敵との対戦に燃える。今回の試合に勝利すれば、梅野の持つBOMライト級の王座も見えてくるだろう。


日タイのハードなベテラン対決

 さらにホーストカップ日本EXミドル級王者・チューチャイ・ハーデスワークアウトジムと、前BOMミドル級王者・喜多村誠が、ミドル級契約(3分3R延長1R)で戦う。

 チューチャイは元ラジャダムナンスタジアムウェルター級5位、ルンピニースタジアムでは6位にランクイン、180戦以上の実績がある。昨年12月にはHOOST CUP日本EXミドル級王座決定戦トーナメントを制してベルトを獲得した。しかし今年2月のシュートボクシングで海人にKO負けした。

 対する喜多村は元日本ミドル級王者で、ラジャダムナンスタジアム王座への挑戦経験も持つ。昨年12月には保持していたBOMミドル級王座から陥落するも、1月のNO KICK NO LIFEではドロー、3月のBigbangではKO勝利と、ハイペースな試合の中で復調している。

 なお、発表済みのペットニポン・サックチョロボーvs名高・エイワスポーツジム、クンスック・ソーデッチャパンvsイッセイ・ウォーワンチャイを含め、日本vsタイの5対5の交流戦となる。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報など
(別府市の小学校に通う小学生は抽選で無料ご招待あり)

 

●編集部オススメ

・【BOM】吉成名高が“世界初”の偉業に挑戦「日本人の代表として誇りを持って挑む」石井一成の再起戦も決定

・魔裟斗が皇治の進化を評価、ムエタイルールならダウン取られても梅野の勝利

・芦澤竜誠、皇治に挑発と勝利宣言! 「6月メガイベントでトーナメント?そもそもお前が入れると思うなよ」

・【フォト】美女空手家、長野じゅりあがビキニ姿でライダーキック

・注目のGカップ”美ボディ”グラドルは何とキックボクシング女子、試合参戦の過去も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧