TOP > ニュース 一覧

【NO KICK NO LIFE】大﨑孔稀vs加藤有吾の”KO必至”対決「もちろんKO勝ち」(大﨑)「全部食って勝つ」(加藤)

フォロー 友だち追加
2022/04/13(水)UP

加藤(左)と大﨑(右)の注目軽量級対決

 5月28日(土)東京・豊洲PITで開催される『NO KICK NO LIFE』の追加対戦カードが発表された。加藤有吾(RIKIX)と大﨑孔稀(OISHI GYM)が55.5kg契約(3分5R)で対戦決定。注目の軽量級強豪対決となる。

 加藤は「キックの赤い薔薇」と呼ばれた小野寺力の愛弟子。元ラジャダムナン王者・石井宏樹から直接指導を受けるRIKIXのホープだ。重く鋭いパンチで前進するスタイルを武器とする。

豪腕でジャパンキック王者からダウンを奪う加藤

 19年にはWMC(世界ムエタイ評議会)日本スーパーバンタム級王座を奪取。怒涛の9連勝の後、昨年2月に宮元啓介に土をつけられたが、今年1月には宮元の引退試合でリベンジを果たしている。

 対する大﨑はBOMバンタム級王座、WMCスーパーフライ級王座、J-NETWORKスーパーフライ級王座など多くのタイトルを獲得してきた実力者。21年の6月のRIZINでは、那須川天心とパンチのみの試合で健闘した。
 昨年の「RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント」では兄・一貴がケガで欠場となり、リザーブから本戦へ上がることとなったが、減量失敗で失格。今年3月のRISEではフェザー級(57.5kg)に階級を上げ、判定勝利している。

那須川天心に左フックをヒットさせる大﨑

 加藤はSNSで、大﨑を「バンタム級日本最強の大崎選手」と認めながらも「めちゃくちゃ今ハングリーです!全部食って勝つ!」と気炎を上げる。

 大﨑もSNSで「KO必至!もちろんKO勝ちです」と自信を見せる。さらに大﨑はSNSで、6月19日『THE MATCH』でのK-1フェザー級王者・軍司泰斗戦も希望しており、この一戦で勝利し3週間後のビッグマッチに乗り込むつもりか。


 また、参戦が発表されていた元ISKAインターコンチネンタルフライ級王者・麗也JSK(治政館)の相手が、元WPMF世界スーパーバンタム級王座など三冠を経験するベテラン・藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット)に決定。バンタム級の一戦(3分5R)となる。

 52kg戦(3分3R)では、元MA日本フライ級王者で元REBELS-MUAYTHAI同級王者の薩摩3373(TARGET)と、わずか7戦でINNOVATIONフライ級王座を獲得した平松弥(岡山ジム)が対戦する。

 さらに、元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者で、他にもWPMF世界ミドル級王者など数々のベルトを巻いてきた“ムエタイゴリラ”T-98(フリー)が初参戦。対戦相手は後日発表となる。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報など

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・皇治、挑発する芦澤竜誠にRIZINでの決着を提案

・芦澤竜誠、皇治に挑発と勝利宣言! 「6月メガイベントでトーナメント?そもそもお前が入れると思うなよ」

・秋山成勲、バキバキの背筋が”風船のように膨らむ!”驚きの映像が話題

・まるでポパイ!ゴロフキン、驚異の前腕の太さ見せる”これが岩石パンチの秘密か!?”

・長野じゅりあ、後ろ回し蹴りで失神!動画を公開で「もう意識飛んでます」と解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧