TOP > ニュース 一覧

【RISE】田丸辰、1階級下の王座戴冠へ「自分自身の戦い」那須川天心のボクシング転向に「引き継いでRISEを背負う」

2022/04/19(火)UP

フライ級トーナメント制覇を目指す田丸(C)RISE

 4月24日(日)後楽園ホールで開催される『RISE 157』のメインイベント「初代RISEフライ級(-51.5kg)王座決定トーナメント」初戦で、空龍(くうりゅう/17=空修会館)と対戦する田丸辰(20=TRY HARD GYM)が公開練習を行った。

 元スーパーフライ級王者である田丸は、今回1.5kg階級を下げてトーナメントに参戦することになった。「長めに減量をやっていてダイエット感覚です。減量は別に全然平気」と体重面では問題なく調整出来ている。

蹴りを放つ田丸(C)RISE

 上の階級で戦ってきた経験から「実際試合してみないと分からないですけど、練習の段階ではそのスピードも落ちずにパワーもそのままというか、別に変化なく練習の段階では出来てますね。他の選手よりパワーはあると思う」と自信を見せる。

 対戦する空龍については「上手くて強い選手」と評する。ただ、「今回は相手でどうこうっていうよりも、やっぱり自分がどういう戦いをしてどういう勝ち方をするかがテーマ。自分自身の戦いというか、チームと一緒に勝利を取りに行きたいと思います」と自身の戦いをして勝つつもりだ。

16歳でRISEのベルトを巻いた田丸(左)も20歳となった(那須川天心と記念撮影)

 プロデビュー後、19年に鈴木真彦に判定負けを喫するまでは無敗記録を誇っていた田丸。20年9月には大﨑一貴に敗戦してスーパーフライ級のベルトを失い、7月には政所仁に判定負けして、初の連敗中。

 苦しい状況が続く中、「最近は勝ったり負けたりで連敗が続いたりして、何がいけないんだろうってすごい考えたし、他の色んな意見もある。でも、そういうの関係なくやっぱり自分自身の問題だと思うし、その自分自身に何が足りないのかをすごい見つめ直した。今回はすごいいい動きができると思います」と自信の足りない部分と向き合ってきた。

RISEを背負うと宣言した田丸(C)RISE

 田丸がかねてから目標としていた那須川天心は6月の武尊戦を最後にボクシングに転向する。「ずっと目標にしていたことがなくなったというか。何か目標がなくて。何をモチベーションに頑張ればいいというか、すごい考えたんですけど、やっぱり新しい目標を立てて進んでいかないと話にならない。天心と戦って超えることはできなかったけど、その天心から教えてもらったりとか背中で見せてもらった部分は沢山あると思うので、そこを自分が引き継いでRISEを背負っていければなと思ってます」と那須川に代わって、主役としてRISEを盛り上げる構え。

 田丸のトーナメントでの戦いに注目が集まる。

☆この大会の対戦カード、スケジュールなど詳細

●編集部オススメ

・【RISE】初代フライ級王座決定トーナメント開催! DEEP☆KICK王者の塚本望夢「無敗のチャンピオンはカッコいい」と優勝宣言=4.24

・【RISE】2022ラウンドガール6名決定、元RIZINガールや空手黒帯女優、人気グラドル桜りんは4年連続

・【RISE】16歳・田丸辰が初代王者に、那須川天心も祝福=18年11月

・【RIZIN】朝倉未来、王者・牛久絢太郎に対戦アピール「タイトル無しのケージで」

・Gカップグラドル東雲うみ、筋トレで育てた100cmヒップは”代謝が上がりダイエットにプラス”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧