TOP > ニュース 一覧

【NJKF】快進撃の香港出身ファイター・ルイが世界挑戦へ、世界王者・波賀宙也も防衛戦=6.5

2022/05/02(月)UP

注目のルイが世界戦へ

 65東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2022 2nd』のカードが発表された。

 ダブルメインイベントIでは、S1レディースJAPANスーパーフライ級王者ルイ(クラミツムエタイジム)が、S1レディース世界スーパーフライ級王座決定戦(2分5R)に臨む。
 相手は元WPMF世界アトム級王者のザ・スター・ソウクリンミー (シットヨートン)。

”水抜き無し”で作り上げると言うルイの計量前の見事な筋肉美 @louie_kmg

 ルイは父親が香港出身で、自身も17歳まで香港に在住。日本に来ると念願の格闘技を始め、恵まれた身体能力を武器に21年3月までは5戦5勝(3KO)の快進撃を続ける。しかし、昨年3月にKAEDEと対戦して初黒星を喫した。

 その後は2連勝し、11月にスックワンキーントーン二階級王者のKOKOZとS1レディースJAPANスーパーフライ級王座を争い勝利、戴冠した。
 今年4月にはスックワンキントーン女子スーパーフライ級王座をKOKOZと再び争う予定だったが、KOKOZの怪我で不戦勝、2つめのベルトを手にしている。

 現在ミネルヴァ スーパーフライ級1位(王座は空位)、WBCムエタイ世界ランキングでも、同級11位につけている新星だ。

首相撲からのヒザ蹴りを得意とするルイ(右)

 対するソウクリンミーは、ムエタイ王者を何人も排出するタイの名門シットヨートンジムのファイター。階級下のアトム級での世界王座経験を持つ。

 今年2月には☆SAHO☆と[S1レディース世界バンタム級王座決定戦]で対戦予定だったが、新型コロナウイルスの影響で来日出来ず、試合は流れていた。

 勢いに乗るルイは、強豪ファイターを相手に世界王座を奪うことが出来るか。


 ダブルメインイベントIIでは、IBF世界ジュニアフェザー級王者・波賀宙也(立川KBA)が、ジップヌンスタジアム認定フェザー級王者ペットング・ゲッソンリット(ゲッソンリット)を相手に防衛戦(3分5R)を行う。

 波賀はWBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王座など数々の王座を獲得すると、19年9月に念願のIBF世界王座を獲得した。

19年にIBF王座を奪取した波賀の左ミドル

 その後20年2月にTKO勝利するも、昨年9月には大田拓真に判定負け、11月には元MAXムエタイ55kg級王者クン・ナムイサンとドローと、ここ2戦は白星を挙げられていない。
 新型コロナの影響で長引いた防衛戦だが、勝って復活をアピール出来るか。

 他にNJKFウェルター級タイトルマッチ(3分5R)として、王者・洋輔YAMATO(大和ジム)が1位の野津良太(E.S.G)を迎える。 
 さらにミネルヴァ スーパーフライ級王座決定戦(3分3R)も行われ、2位のIMARI(LEGEND)が、6位のNA☆NA(エスジム)と対決する。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報など

●編集部オススメ

・藤あや子、還暦も”ありえない”若さ、黒ビキニボディは断酒とヨガ&キック

・素手ボクシング初挑戦の“セクシー黒ビキニ美女”ウィン、バキバキ筋肉で計量パス!=RIZINではRENAや山本美憂とも激突

・【ムエタイ】女王KOKOZが突然のぎっくり腰!リングに上がれず挑戦者ルイが新女王に

・【フォト】注目のGカップ”美ボディ”グラドルは何とキックボクシング女子

・英会話の先生が女子ビキニで優勝「先生ムキムキしてる」生徒も評価

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧