TOP > ニュース 一覧

【スックワンキントーン】石井一成がタイ南部チャンピオンと対戦、ジュライと悠斗がフライ級王座をかけ激突=6.26

2022/05/17(火)UP

石井一成(左)とクンスック

 2022年6月26日(日)に東京・新宿FACEにて2部構成で開催される『スックワンキントーン to challenge』の対戦カードが発表された。
 第2部のメインイベントに石井一成(ウォーワンチャイプロモーション)が参戦、[スーパーフライ級3分5R]でクンスック ソー デーチャパン(タイ)と対戦する。

【動画】石井一成が強烈な右ストレートでダウンを奪う瞬間

ローキックを蹴る石井(2022年4月)

 石井は2020年12月のBOMで、片島聡志からムエタイのWPMF世界スーパーフライ級王座を奪取。近年ではヒジ無しルールにも積極的に参戦し、昨年7月には『RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント』に参戦も、RISE王者・大﨑一貴からダウンを奪われ敗北を喫した。11月の再起戦では、小嶋・Nor Nakusinを判定で下すも、今年1月にKNOCK OUTで花岡竜に判定負け、しかし4月にはBOMでクンナム・ショウブカイ(尚武会)から2R左フックでKO勝利を奪っている。

 対するクンスックは66戦38勝25敗3分の戦績を持つ、タイ南部105ポンドチャンピオン。身長161cmで、パンチとローキックを得意とするファイターとのことだ。

 同カードは今年4月の『BOM WAVE08』で予定されていたが、クンスックが空港検疫により、新型コロナウイルスの陽性者と判明し欠場しており、2ヶ月後の今回『スックワンキントーン』で対戦が実現となった。

ジュライ・ウォーワンチャイ(左)と悠斗

 セミファイナルでは、スックワンキントーン フライ級王者・細田昇吾が防衛戦を行えず返上となったベルトを争う[フライ級タイトルマッチ3分5R]が行われ、タイトルに挑戦予定だったジュライ・ウォーワンチャイ(=石井寿来/ウォーワンチャイプロモーション)と、細田にKO勝利している悠斗(町田金子ジム)が対戦する。ジュライはWMCフライ級王者、対する悠斗はボクシングの元日本ライトフライ級王者だ。

 また、[バンタム級王座決定トーナメント]が開催される。今月1日に行われた抽選会の結果により、1回戦の組み合わせは石川直樹(team Lit)vs桂英慈(クレイン)、宮坂桂介(ノーナクシン東京)vsSHU(D-BLAZE)と決まっている。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶︎次ページは【動画】石井一成が強烈な右ストレートでダウンを奪う瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【BOM】石井一成と吉成名高が揃ってKO勝利!再起の石井は「残りの格闘技人生かけ、一番になる」

・【ムエローク】”ムエタイ才女”伊藤紗弥が4つ目の世界王座獲得!試合中止の吉成名高はエキシで沸かす

・【フォト】“ムエタイ才女”伊藤紗弥、白黒セパレーツ姿で気合のマッスルポーズ!「4本目のベルトを獲りに行く」

・【KNOCK OUT】梅野源治が古巣に復帰、証明すべくは「ムエタイやばいだろ」

・”美女キックボクサー”ぱんちゃん璃奈”1st写真集”が6.10発売決定「水着、マッスル、花嫁姿」など7変化を先行公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧