TOP > ニュース 一覧

”TEAM RISE”合同合宿に参加の稲井良弥、王座戴冠へ意気込み「もちろん倒すつもり」=5.29後楽園

2022/05/27(金)UP

ビッグミットにパンチを放つ稲井©️RISE

 5月29日(日)後楽園ホールで開催される『RISE158』メインイベントの第3代ウェルター級(-67.5kg)王座決定戦(3分5R無制限延長R)にて同級1位の中野椋太(誠至会)と対戦する、同級3位の稲井良弥(TARGET)が公開練習を行い、そのインタビューが26日に主催者から届いた。

【動画】稲井がビッグミットに激しいラッシュ!=公開練習映像

 RISE公式YouTubeチャンネルに投稿された公開練習映像で、稲井はビッグミットを使用した激しいラッシュを披露。ほとんど息が切れた様子もなく、30秒位ならば余裕だという。

稲井良弥©️RISE

 先週、那須川天心や原口健飛ら6月東京ドーム大会の出場選手とともに”TEAM RISE”の合同合宿に参加したことでかなり成長できたと語る稲井は、合宿を「今まで突っ込んでばっかりだったんですけど、それだとカウンターを全部合わせられるような選手ばかりだったので、頭を使ったマスを4日間出来ました」と語る。
 前チャンピオン・“ブラックパンサー”ベイノアと練習する機会もあり「ベイノア選手だけで無く、みんな本当にディフェンス力が凄いと思いました」と振り返る。

 今回は初の5ラウンドでの戦いのため、今までで一番走り込みをしており「もちろん倒すつもりでいるんですけど、5ラウンド攻め続けれる様に準備してきました」と長期戦にも備える。

DEEP☆KICK-70kg王座を手にした際の稲井(右/2021年11月)

 対戦相手の中野への印象は「上手い選手だなあ」位で、「遠い距離が得意な選手だと思うので、自分の得意な近い距離で戦おうと思ってます」「(中野が)近い距離が苦手という訳じゃないと思うんですが、僕の方が強いかな」と作戦を練る。

 RISEのベルトは、ずっと目標で今回どうしても手に入れたいと語る稲井。今年2月『RISE 155』で行われたトーナメント準決勝ではKOを逃がし判定勝利だったが「前回は僕の悪い部分が全部出た試合で、当たれば倒せると思って1ラウンドから振り回してたので、中野選手と戦う前にあの試合があって良かったなと思います」と、前戦を反省し決勝へ挑む。

 最後に稲井は「負けるつもりは全然ないです。負けは考えてないです」と王座獲得に向け意気込んだ。果たして稲井は地元・徳島と東京から100人を超す応援団とともに、ベルト奪取の喜びを分かつことができるか。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは【動画】稲井がビッグミットに激しいラッシュ!=公開練習映像

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【THE MATCH】「RISEが全勝します」伊藤代表がK-1へ勝利宣言!那須川天心、原口健飛ら強化合宿で一致団結

・【テレビ・配信】5.29『RISE』中野椋太vs稲井良弥、宮﨑小雪vs小林愛理奈など生中継、放送情報=5.29

・【RISE】ウェルター級王座を狙う中野椋太、対する稲井良弥に「殺傷能力があるような一発で終わらせる」とKO宣言=5.29

・那須川天心の強さは”ゾーン”に入り続けられること「次の一手が読まれてしまう」(合宿参加選手)

・“還暦ビキニ”藤あや子、キックボクシングで美ボディGET、実際の効果は?専門家に聞く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧