TOP > ニュース 一覧

モハメド・アリ孫がアマMMA戦デビュー戦で一本負け「ここから上がるしかない」”チャンピオン”目指す

フォロー 友だち追加
2022/06/09(木)UP

”蝶のように舞い、蜂のように刺す”のとおり、右腕には蜂・左腕には蝶のタトゥーを彫ったビアッジョ @biaggioaliwalsh

 6月3日(金・現地時間)米モンタナ州にて、モハメド・アリの孫の一人であるビアッジョ・アリ・ウォルシュ(23=米)がアマチュアMMAファイトでデビューし、2R一本負けを喫した。ビアッジョはSNSで「ここから上がるしかない」と意気込んでいる。

【動画】モハメド・アリ孫が打撃で優勢も悔しい一本負け

 モハメド・アリの孫としては、ビアッジョの弟であるニコ・アリ・ウォルシュが先んじてボクシングでデビューしている。ニコは今年5月にプロボクシング4回戦でKO勝利。現在5勝(4KO)無敗の戦績で注目されている。

 ビアッジョは20歳過ぎまでは大学でアメリカンフットボールに専念していたが、2年半前にMMAの道を志した。
 偉大な祖父や弟、さらには無敗の世界王者だった叔母のレイラ・アリのように、ボクシングではなくMMAを選んだ理由を「昔から格闘技やボクシングのファンだった。格闘の様々な側面があるMMAがとくに好きになった」と格闘技の色々なツールを使って戦えるMMAをとくに気に入ったのだと言う。

ビアッジョ(左)は打撃で優勢に進めたが…@biaggioaliwalsh

 MMAの練習を始めてすぐに、新型コロナウイルスが流行り出した。そのためデビューが遅れたが、現在はラスベガスで、UFCヘビー級王者のフランシス・ガヌーらを擁するエクストリーム・クートゥアジムにて練習を行っている。

 試合はプロ興行のアンダーカードのアマチュア戦として行われた。ウェルター級戦で、相手は同じくデビュー戦というデヴィン・ロスウェル(米)。
 試合は1R、ストライカーのビアッジョが、流れるようなコンビネーションパンチで相手からダウンを取るも、立ち上がられ、逆にテイクダウンを許す。

 2Rにも、パンチを主体に攻めるビアッジョだが、ロスウェルの執拗なタックルにスタミナが切れたのか、ついにはテイクダウンされるとリアネイキッドチョークを極められタップした。2R4分。

在りし日のアリ(左)とビアッジョ@biaggioaliwalsh

 試合後ビアッジョはSNSで「相手が攻めるたびに耐えたいと思っていたが、場の雰囲気に呑まれてしまった。けれどアマチュアのうちにこういうことが起こって良かったと思うし、学んで新しくなって戻ってこれる。ここから上がるしかない」と綴っている。

 ビアッジョは試合前に「いつかチャンピオンになりたいが、組織もプロモーションも関係ない。家系に伝わる戦いの伝統を継承したい」と語っていた。
 アリを例えた有名なフレーズ”蝶のように舞い、蜂のように刺す”に習い、ビアッジョは格闘技を志す際に、右腕には蜂の、左腕には蝶のタトゥーを彫ったほどの覚悟の入りようだ。
 叔母のレイラや、弟のニコに続き、ビアッジョはMMA界で”アリ家ここにあり”を示すことが出来るか。

▶次ページ:【動画】モハメド・アリ孫が打撃で優勢も悔しい一本負け

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・”これぞブーメランフック!”モハメド・アリ孫が豪快なKO勝利で無敗の5連勝

・モハメド・アリなりきりボクサーが豪快KO勝利! 蜂のように刺した

・モハメド・アリ孫が豪快KO勝ち!アリシャッフルからの左で相手は意識飛ぶ

・大人気セクシー美女戦士、引き締まったビキニ”マッスル”写真に「理想のカラダ」とファン歓喜

・【テレビ放送・配信】6.7 井上尚弥vsドネア”統一戦”は何時から?生中継、放送、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧