TOP > ニュース 一覧

【K-1】フェザー級世界最強決定T開催、現役王者・軍司泰斗や”中国の武尊”ワン・ジュングァンら、強豪揃い=8.11福岡

2022/06/14(火)UP

現役王者の軍司(左)がアルゼンチンの強打者・スアレス(右)と対戦する

 8月11日(木)福岡国際センターで開催される『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の第1弾対戦カード発表記者会見が、6月14日(火)都内にて行われ、K-1フェザー級世界最強決定トーナメントの開催が発表された。

 フェザー級は武尊や村越優太などトップ選手がベルトを巻いてきた新生K-1の中心階級の1つ。昨年は、椿原龍矢から軍司泰斗へK-1王座が移動、今年のKrushでは新美貴士から玖村修平に王座が移るなど、まさに戦国時代となっている。

意気込みを語る軍司

 同トーナメントの2試合目には、注目選手として現役王者の軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)が参戦。アルゼンチンの強打者ファク・スアレスと対戦する。

 軍司は「フェザー級チャンピオンは僕。このトーナメントは僕のためのトーナメントだと思っている。ここで負けたら意味がないので、優勝してもっと高みを目指していきたい」と、王者としての覚悟を示す。スアレスはアグレッシブなファイトスタイルが持ち味のため「かみ合う試合でKO決着、面白い試合になる」と予告。絶対王者となるべく「全試合KO勝利」を見据えた。

玖村(左)が再来襲するジャオスアヤイ(右)と激突する

 1試合目では、今年5月に新美貴士を下して、Krush王座を戴冠した玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)がジャオスアヤイ・ソー.デッチャパン(タイ)と対戦する。

 ジャオスアヤイは、K-1で小澤海斗や卜部弘嵩に勝利するなど活躍してきたファイター。その相手に玖村は「飛びヒザ蹴りでみんな倒されているので、警戒している。僕が1回戦から倒して優勝したい」と、KOでの初戦突破を見据える。

元K-1世界王者の椿原(左)に対して斗麗(右)がいかに戦うか

 3試合目では、元王者の椿原龍矢(月心会チーム侍)に今年4月、軍司泰斗を相手に延長戦にもつれる接戦を演じた、斗麗(WIZARDキックボクシングジム)が挑む。打たせず打つスタイルの椿原を相手に、変幻自在な戦い方の出来る斗麗が、いかに戦うか注目が集まる。

 椿原は「決勝は軍司チャンピオンとやりたい」と、アマチュア含めて6度目の対戦となる軍司へのリベンジを見据える。斗麗は「このトーナメントは本物しか生き残れない。死んだっていいという気持ちを持って、命をかけて挑みます」とギラついた表情で意気込んでいる。

新美(左)とワン(右)はかみ合う熱戦になりそうだ

 4試合目には、第5代Krushフェザー級王者の新美貴士(名古屋JKファクトリー)が中国の武尊こと、ワン・ジュングァン(中国)と激突する。

 新美は、圧倒的な圧力と左ミドル、ヒザ蹴りを武器にKrushで破格の強さを見せてきた。一方のワンは、17年9月にK-1のリングで武尊と熱戦を展開(判定負け)。その後は、ONE Championshipにも参戦するなど実績を積んできた。お互いにアグレッシブなスタイルを持つため、激しい打ち合いが見られそうだ。

武尊(右)と打ち合うワン(左)

 またリザーブファイトでは無敗の超新星・寺田匠(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と九州で戦う銀次(VAINQUEUR)が対戦することになった。

<対戦決定カード>
▼K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級 世界最強決定トーナメント一回戦(1)/3分3R・延長1R
玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス/第6代Krushフェザー級王者/K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント第三位)
vs
ジャオスアヤイ・ソー.デッチャパン(タイ/K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント準優勝/タイ国BBTVスタジアム・フェザー級8位)

▼K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級 世界最強決定トーナメント一回戦(2)/3分3R・延長1R
軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス/第5代K-1 WORLD GPフェザー級王者/第2代Krushバンタム級王者)
vs
ファク・スアレス(アルゼンチン/WGP Kickboxing 世界-60kg王者)

▼K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級 世界最強決定トーナメント一回戦(3)/3分3R・延長1RFUSION -57kg級世界王者/GOH 2016 -57kg級トーナメント優勝)
椿原龍矢(月心会チーム侍/第4代K-1 WORLD GPフェザー級王者)
vs
斗麗(WIZARDキックボクシングジム)

▼K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級 世界最強決定トーナメント一回戦(4)/3分3R・延長1R
新美貴士(名古屋JKファクトリー/第5代Krushフェザー級王者)
vs
ワン・ジュングァン(中国・天津阿福ファイトクラブ/CFPEN

リザーブファイトは寺田(左)と銀次(右)の試合となった

▼K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級 世界最強決定トーナメントリザーブファイト/3分3R・延長1R
寺田 匠(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
銀次(VAINQUEUR GYM)

●編集部オススメ

・【K-1】女子大会の全試合順決定、メインは王者KANAの防衛戦、セミは菅原美優・MIOらアトム級王座T決勝=6.25

・【K-1】菅原美優「メンタルも鍛えられて強くなっている」初代女王へ自信=6.25女子アトム級王座T

・【テレビ・配信】天心戦へ、武尊を追うドキュメンタリー『武尊チャンピオンロード-最強の証明編-』=6.11より

・【K-1】高梨knuckle美穂、山田真子が海外強豪と激突!高梨「どんな技でも倒せる」山田「パンチだけじゃない」=6.25

・【THE MATCH】芦澤竜誠とYA-MANが乱闘、転倒したYA-MANは出血の事態に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧