TOP > ニュース 一覧

片腕のキックボクサーが怒涛の1R KO勝利、WBCムエタイ・カナダ王座を奪取する

2022/07/27(水)UP

片腕のキックボクサー・ピーコックが1R KO勝利 (写真は20年のもの)@jake_leestriking

 7月23日(土・現地時間)カナダのカルガリーで開催された『ムエタイ・ワールドカップ』で、片腕のキックボクサーであるジェイク・ピーコック(29=カナダ)が、WBCムエタイ カナダ ウェルター級王座を1R KO勝利で獲得した。この試合で、彼はキックボクシング戦績を8勝1敗(ピーコックのジムの公式サイトより)に伸ばした。

【動画】片腕のピーコックが怒涛のパンチ連打でKO勝利!

 ロンドンで生まれたピーコックは、胎内にいる時に、胎盤の羊膜が右腕に巻き付き成長することが出来ず、切断状態で産まれてきた。片腕のためイジメにあったピーコックは7歳の時から武道を習い、14歳でカナダに移住すると極真会館へ入門した。

 優れた足技と、切断された右腕を生かしたショートレンジのパンチ連打を得意とし、極真の北米選手権を獲ると、世界大会にも出場。その後、キックボクシングに転向すると、現在までに北米スーパーウェルター級王座、1Xヨーロッパスーパーウェルター級王座を獲得。16年にはMMAにも挑戦している。

卓越した足技も駆使し、KO勝利も多いピーコック @jake_leestriking

 今回の相手は、同じくカナダで活躍するムエタイファイターのエリック・ロシャ(32)。試合は王座決定戦で、ピーコックの一方的と言ってよい展開となった。
 接近戦に持ち込みコーナーへ詰めると、左フックで一撃ダウン奪取。ロシャは立ち上がるも、ピーコックの怒涛のショートフック連打によってまたもマットに沈む。レフリーがストップし、1Rで戴冠した。

 ピーコックの右腕はヒジあたりで切断されており、そこにグローブをはめている。動画を見ると、前腕が欠損している分、右ストレートが通常の腕よりも素早い速度で飛んでくる。
 また、グローブがついているとはいえ、切断面は通常の拳よりも尖っている。グローブ同士がぶつかった場合、相手は自分の拳をいためる可能性があり、パンチを躊躇するかもしれない。
 ピーコックは幼少時から、欠損した右前腕の欠点と利点を考え、強固なファイトスタイルを作り上げてきたのだろう。

 ピーコックはSNSで「次は誰だ!?」と吠えており、世界のウェルター級近辺の強豪たちとの試合が期待される。

▶次のページ:【動画】片腕のピーコックが怒涛のパンチ連打でKO勝利!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・“かかと落とし”からの秒殺KO劇! 何と相手は立ったまま失神=英MTGP

・なんだこの技は!?天才空手家・小野寺天汰がムエタイ王者に”挟み突き”で1RKO勝利

・【海外キック】無敗の“竜巻旋風脚”戦士、今度は連続ハイキックKO!「立ち向かった相手を誉めたい」と解説が興奮

・写真集の未公開カットで注目のしょこたん、美ボディ獲得のアブローラーとは

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧