TOP > ニュース 一覧

【K-1】与座優貴、鮮烈KOは話題の”与座キック”や野杁正明の存在が鍵!朝久泰央との再戦へ

2022/08/12(金)UP

与座優貴

 8月11日(木・祝)福岡国際センターで開催された『K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント』の一夜明け会見が、12日(金)福岡市内にて行われ、第10試合のK-1ライト級ワンマッチで、篠原悠人(DURGA)を2R KOした、与座優貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が出席した。

【動画】与座がカーフキックを効かせ、左アッパーで衝撃KO

 試合では、カーフキックやヒザ蹴りを軸に篠原を削って削ってKOした与座。「作戦では削って、3Rくらいに倒せたらと思っていた。思ったよりカーフキックとか削る攻撃が効果的に入ったので、2Rで倒すことが出来た」と圧巻のKO勝利を振り返る。

ローキックで攻める与座

 篠原のリーチを生かしたパンチは、ブロッキングで受け、その際に「行ける」と確信。勝負の鍵は、KREST内で話題となっている”与座キック”。これは、相手の奥足への前蹴りで、近距離から抜群の切れ味を誇る。同大会出場の同門の谷川聖哉も、この技でK-Jeeを苦しめ勝利を収めている。スパーリングで試したところ、相手が痛がったことから、試合で使うようになったという。

 フィニッシュシーンに関しては「カーフでKOという記事になっていますが、最後は”与座キック”をフェイントにして、空手のクイックという技があって、(通常は)ローから体の流れでボディを打つものですが、それをアッパーに変えて倒しました」と解説。自身の強みである空手の技をK-1に適合させ、破格の強さを見せている。

篠原がリングに崩れ落ちる

 セコンドには、同門の”K-1の怪物”野杁正明の姿もあった。与座のブロッキングしつつ、ローとボディで相手を削る戦いぶりは、野杁を彷彿とさせる動きだ。「(野杁の動きを)参考にしまくっています。全部同じというわけではないですが、正明さんのスタイルに自分の良さも入れて、空手出身の良さも生かしつつ、自分だけのスタイルを作っています」と話す。対戦相手の研究はもちろんのこと、ファイトスタイルの研究を欠かさない与座。それが、彼の強さなのかもしれない。

一夜明け会見での与座

 今後については、改めて現K-1ライト級王者・朝久泰央とのタイトル戦をアピールし「昨日の試合を見て、(自分の)成長ぶりを見ていただければ、(朝久に)勝てると思ってもらえる」と自信満々に話していた。朝久とのタイトル戦は実現するのか。

▶次ページは【動画】与座がカーフキックを効かせ、左アッパーで衝撃KO

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【K-1】元極真世界王者・与座優貴が篠原悠人に圧巻のKO勝利!現王者・朝久泰央にタイトル戦を要求

・『K-1』8.11 全試合 結果 速報(フェザー級世界最強決定T、K-Jeevs谷川聖哉、石井一成、江川優生など)=K1 試合結果

・現王者・軍司泰斗が斗麗を1RKOで下し優勝「絶対王者の始まり」次期エースをアピール

・クルーザー“日本人頂上対決”は谷川聖哉に軍配!K-Jeeから2度のダウンを奪う

・ムエタイ王者・石井一成が初参戦で藤田和希をKO、最強の侵略者がK-1を席巻

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧