TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】皇治、コップの水をヒロキングにぶっかける!乱闘寸前の騒ぎに

2022/08/13(土)UP

皇治(左)とヒロキング(右)が90秒間のバチバチの睨み合い

 8月14日(日)エディオンアリーナ大阪第1競技場大会で開催される『ABEMAスペシャルマッチ  by 3150FIGHT』の前日計量と会見が13日に行われた。
 ボクシングのエキシビションマッチ(63kg)にて対戦する、皇治(33=TEAM ONE)とヒロキング(29=福重浩輝)は共に63kgで計量をパスした。

【フォト】皇治がヒロキングと一触即発の睨み合い!乱闘寸前の騒ぎ、計量の様子も

 皇治はTシャツに帽子をかぶった状態で計量台に上がると、契約体重リミットでクリアし余裕の笑顔。対するヒロキングは仕上がった身体を披露しマッスルポーズを決めた。

 その後の会見で意気込みを聞かれる両者。ヒロキングが「この時がきた。この前はんぺんとおちょくられた。皇治選手の煽り方は嫌い。明日は思いっきりやりたい」と気合満々なのに対し、皇治は対照的に冷ややかな表情。手にした香水を見せながら「俺が作った香水、これはめちゃめちゃ良い匂いがする。めっちゃモテてしょうがない。会場の女の子をメロメロにしたい」と、煙に巻いた。

 ABEMAが公開した煽り映像内で、過去に皇治と対戦した因縁の梅野源治から直接に頭突き対策などを学んだヒロキング。その映像を観た皇治が「俺の金魚のフンのひょっとこ君(梅野の意味)に教えてもらってたでしょ。金魚のフンに教えてもらったから(ヒロキングは)鯉キングですな」と、揶揄すると、ヒロキングが「いちびんなや」と大阪の方言(調子に乗るなの意味)と激怒。

会見中に乱闘寸前の騒ぎ

 ヒロキングが立ち上がり突っかると一触即発のムードに。激しく言葉を投げつけるヒロキングに対し、皇治は飲んでいたグラスの水をヒロキングに浴びせ、両者、関係者スタッフに抑えられた。

 興奮が収まらないヒロキングは「来いよ、エンタメファイター、男の本気の勝負をしようや、バチバチの殴り合いが一番盛り上がる。バッティングもどんとこい」と、捲し立てながら咆哮。

 皇治は笑顔でそれに拍手。最後までヒロキングを格下扱いする素振りを見せたが、会見最後のフェイスオフでは、長時間の睨み合い。ヒロキングが鼻先がつくくらい顔を近づけ、約90秒間、両者は睨みあった。

『3150FIGHT』は、元ボクシング3階級制覇王者・亀田興毅がファウンダーのボクシングイベントで今回で3回目の開催。両者の対戦は、JBC管轄の公式戦ではなく『3150FIGHT vol.3』公式戦終了後、同会場でエキシビションファイトとしてABEMA番組企画として実施。
 ルールは「ABEMAスペシャルマッチ・特別ルール」で、63kgの前日計量制、3分3R、インターバルは1分、ヘッドギア無しでアディダス社製10オンスグローブを使用、決着はKOかレフェリーストップのみで判定は無い。

 果たして、倒れない漢皇治はプロボクシング22KO無敗の現役ハードパンチャーのヒロキングを相手にどのような戦いを見せるのか。注目だ。

▶︎次ページは【フォト】皇治がヒロキングと一触即発の睨み合い!乱闘寸前の騒ぎ、計量の様子も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・8.14 皇治v、石井慧ほか『3150FIGHT&ABEMAスペシャルマッチ』全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】8.14『3150FIGHT&ABEMAスペシャルマッチ』石井慧、皇治ら参戦=生中継・配信情報

・【ABEMA】皇治とヒロキングのボクシングマッチは判定無しの3分3R、キマグレン元ボーカルもエキシに登場=8.14

・皇治、ボクシングマッチへ向けて元日本王者に会心の左もヒット「次は内山高志、その次はメイウェザー」

・【ABEMA】プロボクシング初挑戦の石井慧「勝利をクロアチアに持ち帰る」ミルコのサポートも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧