TOP > ニュース 一覧

”電話ボックス”で殴り合い、流血KOも!=ロシア”珍”格闘技

2022/09/17(土)UP

狭い電話ボックスの中で殴り合う(PUNCH CLUB RUTUBEより)

 ロシアは格闘技が盛んだが、編集部ではこれまで一風変わった「カージツ」という乗用車の中で柔術で戦う競技や、片手でアームレスリングをしながら殴り合う「アームボクシング」を紹介してきた。
 今回は電話ボックスの中で激しく殴り合う『パンチボックス』紹介したい。13日に公開された映像では流血も飛び出した。

【フォト&動画】電話ボックスで殴り合い流血のKO!

 この試合は1分3R。ボクシンググローブまたはMMAグローブをつけ、狭い電話ボックスの中に二人が背を向けて入る。そしてゴングが鳴ると、2人は怒涛の連打で殴り合うのだ。被弾した選手はこれ以上殴られまいと頭を低くするが、相手は頭を上から押さえ込んで、上からボディや側頭部を殴るシーンも目立つ。後頭部は反則のようだ。
 中にはわずか15秒しか持たず、パンチを浴びせられ、流血のTKO負けもあった。

 この大会は9月13日にインターネットで配信されたもので、今年4月にも同大会が行われている。

負けた選手は流血(PUNCH CLUB RUTUBEより)

 様々なシチュエーションの格闘技が出てくるロシアだが、これも実戦意識が高いゆえだろう。同国では格闘技はスポーツというより護身、また軍隊に近い捉え方。電話ボックス内の戦いは現実には無いかもしれないが、そんな狭い状況での戦いは起こりうるとも考えられる。車の中の戦いも然り。アームレスリングボクシングは謎だが、次はどんな格闘技が出現するのか楽しみでもある。

▶︎次のページは【フォト&動画】電話ボックスで殴り合い流血のKO!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・車の中での柔術マッチ!シートベルト使用OK『カージツ』が話題に

・【ボクシング】カネロvsゴロフキン3の試合結果・速報=9.18

・腕相撲でボクシング!?激しい殴り合い、ロシアで”珍”格闘技が出現

・【テレビ・配信】9.18 カネロvsゴロフキン『4団体統一世界スーパーミドル級タイトル戦』生中継、放送、配信情報

・【フォト】際どすぎる”黒ビキニ”ラウンドガール、”グラマラス”に生中継でも注目集まる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧