TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】堀口恭司からダウンを奪った金太郎「悔しい、喧嘩の作戦を組んできた」ATTへの出稽古にも意欲

2022/09/26(月)UP

大健闘も敗れ悔しさをにじませる金太郎

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.38』のメインイベント、RIZIN MMAルール61.0kgで、堀口恭司(アメリカン・トップチーム)に一本負けした金太郎(パンクラス大阪稲垣組)が試合後インタビューに応じた。

【動画】これが金太郎の”まさかりパンチ”!堀口からダウンを奪う

 1Rには、堀口のミドルキックに左ストレートでフラッシュダウンを取るシーンを作るも、2R開始後にはテイクダウンを許し、肩固めで敗れた。

 金太郎は1Rに奪ったダウンについて「練習してきたことが出た。カーフキックに合わせて当てに行くという作戦があって、身体が動いた」と磨いてきたパンチだったと言う。

 続けて「あれ(ダウン)があったから余計に悔しい。自分が狙った攻撃は手ごたえがあって『勝負出来るな』と思えた。堀口戦に向け”喧嘩の作戦”を組んできたから。でも倒せず、格闘技の技術に負けたなと思う」と”喧嘩殺法”が堀口の技術に負けたと悔しげだ。

 実際に手を合わせた堀口の印象は「経験値というか、作戦の切り替えがすごく早い」と戦い方の切り替えに迷いが無かったと振り返る。
 また「思っていたのと違う強さがあった。力が強いとかではなく、バランスが良い。僕はフィジカルが強いほうだけど、抑え込まれた時も、力が入らないポイントでバランス良くキープされた」と堀口のテクニックに舌を巻いた。

堀口所属の米名門ATTへの出稽古にも興味

 試合後、堀口は自身のSNSで金太郎に向け「今度一緒に、練習しましょう」とメッセージしている。
 金太郎は「すごく行きたい気持ちはある。堀口選手は戦っていて、すごく男気というか、男として尊敬できるものも感じた。(堀口は格闘技を)スポーツと言っているけど、全然喧嘩するつもりだなと。そこに技術も乗っかっていて、自分もそういう修行をしたい」と堀口の所属するアメリカン・トップ・チームでの出稽古に強く関心を持つ。

 今後については「ほんまの自分を引き出す意味ではメンタル的に良い経験をした。強い選手から色んなことを学んで、自分の可能性を信じて続けたい」と今回の経験を生かし、さらなる強さを求めると語った。

▶次のページ:【動画】これが金太郎の”まさかりパンチ”!堀口からダウンを奪う

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・堀口恭司ヒヤリ、ダウンを奪われピンチも逆転一本勝ち

・堀口恭司、作戦無視しコーチから「何やってんだと怒られた」フライ級への転向も示唆

・朝倉未来のKO負けは3分15秒、榊原代表「絶妙な中でのレフェリー判断」

・メイウェザーが朝倉未来の健闘を称賛「とてもタフで、覚悟が伝わってきた」

・朝倉未来、記憶が飛んだことを告白「地面がゆがんでいて、立てなかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧