TOP > ニュース 一覧

【Krush】THE MATCH出場の璃明武が、4連続KO勝利中・永坂吏羅を迎え初防衛戦=11.26

2022/09/29(木)UP

璃明武(左)と永坂吏羅(C)K-1

 11月26日(土)東京・後楽園ホールで開催れる『Krush.143』で、Krushスーパー・バンタム級王者・璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)が、挑戦者・永坂吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を迎え初防衛戦を行う。

【動画】璃明武がKO勝利でベルト戴冠、永坂吏羅が左フックでKO勝利

左ハイキックをヒットさせる璃明武(2021年10月)

 璃明武は昨年8月から開幕した第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントで3試合を勝ち抜き優勝し、念願の初戴冠を達成した。
 今年2月のK-1世界スーパー・バンタム級王座決定トーナメントでは準決勝で金子晃大にKO負けし3位、6月の『THE MATCH 2022』では江幡睦に延長判定で破れ、現在2連敗中からの王座防衛戦だけに「最近良い結果を出せてないので、自分のベルトなんですけど、もう1回ベルトを獲る気持ちで、凄く気合いが入っています」と意気込む。

 対戦発表会見では、挑戦者の永坂から『THE MATCH』での試合を「K-1の看板を背負って戦って、あんなしょっぱい試合して、自分自身ちょっと苛立っているところがありますね」と言われるも、璃明武は「呼ばれてない人間に言われても別にどうでもよくて」とバッサリ。大舞台を踏んだ経験も肥やしにし、「今回は圧倒的な差を見せたいと思います」と、改めてKrush王者としての実力を見せつけるつもりだ。

パンチを放つ永坂吏羅(右/2022年7月)

 対する永坂は、テコンドーがバックボーンで、全日本選手権大会2連覇など輝かしい実績を残し、Krushのリングへ。今年5月には元Krush王者・吉岡ビギンも2R KOで下し、現在4連続KO勝利中と波に乗る。

 両者は2019年3月『K’FESTA.2』のプレリミナリーファイトで対戦しており、璃明武が判定勝利している。3年半の時を経て行われる、ベルトをかけた再戦を制するのはどちらか。

<決定対戦カード>
▼【ランドハウジングPresents】Krushスーパー・バンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
璃明武(王者/K-1ジム総本部チームペガサス)
vs 
永坂吏羅(挑戦者/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
※王者・璃明武は初防衛戦

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは【動画】璃明武がKO勝利でベルト戴冠、永坂吏羅が左フックでKO勝利

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【Krush】璃明武が強烈な左フックKOで新王者に!横山朋哉は一撃KO、山本直樹はカーフでKO勝ち

・【THE MATCH】新日本キック王者の江幡睦が璃明武から延長判定勝利

・【Krush】永坂吏羅が残り2秒でKO勝利

・【Krush】璃明武が計量オーバーの吉岡ビギンに判定勝利

・武尊が手術後に初練習でパンチ&マッスル!「完全復活に向けて一歩ずつ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧