TOP > ニュース 一覧

【RISE】直樹、強豪チャド・コリンズ相手に秘策あり!2連敗・下馬評不利にも「こういう時こそ力を発揮する」

2022/10/05(水)UP

直樹が公開練習を行った

 10月15日(土)東京・大田区総合体育館にて開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2022』でチャド・コリンズ(オーストラリア)と対戦する、第7代RISEライト級王者の直樹(BRING IT ONパラエストラAKK)が公開練習を行った。

【動画】直樹が白鳥大珠を一撃TKO葬!/コリンズ、強打でRISE王者を1R KO!

 直樹はキレ味鋭いパンチ技術や三日月蹴りを武器に、21年に念願のRISE王者となった。その後は白鳥大珠とジャルンチャイ・ライオンジムに2連勝も、今年の4月には山田洸誓にKO負け。続く8月にはGLORYに初参戦したが、デニス・ウォシクにダウンを奪われて判定負けを喫している。

ウェルター級王者・中野を豪打で粉砕したコリンズ=今年8月

 対するコリンズは、今回で4度目の来日となる世界の超強豪。これまでにセクサン・オー・クワンムワンなどムエタイスター選手を次々と撃破し、19年には不可思に勝利、同年4月には海人にも勝利。今年8月にRISEのリングに上がると、ウェルター級王者・中野椋太を自慢の剛腕で初回KOしている。

 直樹は練習後の囲みで、コリンズについて「攻撃に特化した、超攻撃的なムエタイ。けれどディフェンスもうまく、フィジカルも強そう」と評価する。

 連敗の中、超強豪相手だが「チャンピオンとして、そしてワールドシリーズの看板を背負って勝たなくちゃいけない」と王者として、そして日本人として必勝を期すと言う。

キックを蹴り込む直樹

 コリンズの試合はビデオを観て研究したと言うが「ここを突けば、うまく運べるかな」という穴を見つけたと言う。さらに「何個か作戦がある。そこをうまくついてゆく」と打倒コリンズの引き出しを用意している。

 20年の『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Yokohama』準決勝では大方の予想を裏切り、直樹が白鳥大珠に顔面ヒザ蹴りで90秒TKO勝利した。
 今回も下馬評不利となるが「こういう時こそ力を発揮するんで見てろよ、勝つ気満々で燃えている」と一切臆さず「あまり試合で見せない技を何個か持っている。そこらへんを出していく」と白鳥戦の時のように”秘密兵器”があると言う。

コリンズ戦へ意気込む直樹

 もっとも「倒して明確な勝ちがベスト」としながらも「相手が相手で、そんな贅沢も言っていられない。判定2-1でも勝ちをもぎとる。今まで見せていない泥臭さで、難攻不落コリンズを倒す所を見てもらえれば。日本人の強さを見せつける」と対日本人無敗のコリンズに勝つ、はじめての日本人となってみせると意気込んだ。

▶︎次ページは【動画】直樹が白鳥大珠を一撃TKO葬!/コリンズ、強打でRISE王者を1R KO!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RISE】18歳・8頭身女子ファイターAKARIが”ビキニ”で計量パス「圧倒的なポイント差つけて勝つ」erika♡は「気持ちの強さ見て」

・【テレビ・配信】10.9『GLORY COLLISION 4』バダ・ハリvsアリスター・オーフレイムほか生中継、放送、配信情報

・53歳・UFCホワイト社長が”バキバキ”に!余命10年宣告に一念発起

・女子プロレスラー小林香萌がバキバキ化、フィジーク初挑戦で3位「減量との戦いだった」

・無敗の”モデル”美女ファイター、破壊力あるミット打ちでプロ男性が悶絶!「将来のチャンピオン」と称賛の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧