TOP > ニュース 一覧

【RISE】志朗”上手さ”から”強さ”への決意、大﨑孔稀には「倒して勝つ」=10.15

2022/10/07(金)UP

公開練習を行った志朗

 10月15日(土)東京・大田区総合体育館で開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2022』のバンタム級(-55kg)戦で、大﨑孔稀(OISHI GYM)と対戦する志朗(BeWELL キックボクシングジム)が公開練習を行った。

【動画】志朗が右ハイキックで江幡塁を戦慄KOした瞬間!

 志朗は本場タイのムエタイで活躍し、18年からはRISEのリングに上がり那須川天心と2度対戦するなど活躍。今年6月には『THE MATCH 2022』で、K-1の玖村将史にダウンを奪われ判定負けした。今回が再起戦。

志朗がミットにパンチを打ち込む

 対する大﨑は、今大会でスーパーフライ級王座の防衛戦を行う大﨑一貴の弟。BOMバンタム級王座、WMCスーパーフライ級王座、J-NETWORKスーパーフライ級王座など多くのタイトルを獲得してきた実力者だ。21年の6月のRIZINでは、那須川天心とパンチのみの試合で健闘した。
 志朗とは昨年9月に対戦予定も、大﨑の計量オーバーで失格に。しかしそれ以降は3連勝中だ。

 練習後の囲みで、大﨑について志朗は「強くて勢いもある、対戦相手としてはハイリスク・ローリターンな選手。けれど55kgで存在感を見せつけるため、そういう選手と戦ってしっかり勝つ」と強さを認めながらも必勝すると語る。
 続けて「戦ってきた相手や経験が違う。まだ早いよ、このクラスに来るのは。挑戦してきた修羅場の数の違いが、差になるんじゃないかな」と差を見せつけるつもりだ。

『THE MATCH 2022』では玖村にダウンを奪われ判定負けした志朗。
 それを見ていた大﨑は志朗について「倒れないわけじゃない」と発言しているが、志朗はダウンを取られたことは「そこまで気にしていない。二度同じミスをしないこと。良い勉強になった。原因も掴めたので、そこを狙われても『こうしよう』と掴めているので不安はない」と、ことさらネガティブには捉えていない様子だ。

ミドルキックを叩き込む志朗

 カード発表会見では「強さと怖さを見せる」と発言していたが、意味を問われると「今まではアマチュアボクシングのオリンピック選手のような、触らせないで自分だけ攻撃する、を意識していた。でも格闘技の流れがこの1、2年でちょっと変わってきて、強さも必要だなと」と時流に合わせ攻撃力も重視していきたいと語る。

 SNSでもONEのムエタイ戦を見て「これからは攻撃力ある打撃が評価されそう。アグレッシブと攻撃の重さが必要」とも綴っていた。
 志朗は「今の格闘技の流れに対応出来ている所を見せないといけない。『あ、強いんだな』と。今までは『上手い志朗』だったけど、強さをしっかり見せ、倒して勝つ」と”強い志朗”をお披露目すると意気込んだ。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページ:【動画】志朗が右ハイキックで江幡塁を戦慄KOした瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【THE MATCH】K-1玖村将史、志朗からダウン奪う勝利

・ラウンドガール高橋凛、ハイキックでスカート“ふわり”に挑戦!「RISEもビックリよ」

・【RISE】大﨑孔稀がダウン3度奪う圧巻KO勝利、バンタム級王者・鈴木真彦へ宣戦布告

・ナイジェリアの過激格闘技「ダンべ」で衝撃KO、失神続出シーンが話題

・青汁王子『BreakingDown6』オーディションで最悪の乱闘騒ぎ告白「過去一ヤバい、マジで帰りたかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧