TOP > ニュース 一覧

【S1女子世界王座決定戦】フィジカルも強化の☆SAHO☆「スピードやパンチの威力も変わった」=11.13 NJKF

フォロー 友だち追加
2022/11/11(金)UP

☆SAHO☆ vs ルックナム・コーコムクラム

 11月13日(日) 東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2022 4th』では[S1女子世界バンタム級王座決定戦]で、S1女子日本バンタム級王者の☆SAHO☆ (闘神塾)とWPMF女子世界バンタム王者のルックナム・コーコムクラムが、王座を争う。

【動画】☆SAHO☆がパンチとヒザの猛攻で日本トーナメント優勝

【見どころ】
 ☆SAHO☆は、超攻撃的なファイトスタイルでデビュー当初から注目を集め、これまでキック・ムエタイルールで3本のベルトを獲得している。対するルックナム・コーコムクラム(タイ)はWPMF女子世界バンタム王者でパンチ主体に前へ前へと出ては打ち合う好戦的なファイトスタイルの強豪。
 2020年に、ムエタイのタイトルであるS1女子日本王座を獲得した☆SAHO☆は、世界戦が予定されてきたがコロナ禍により相次ぐ中止を余儀なくされ、今回ようやく実現となった。悲願の世界タイトル獲得なるか。

鋭いパンチで前進する☆SAHO☆(左/2020年11月)

【選手データ】 
・☆SAHO☆(23=闘神塾)159cm、兵庫県出身
構え:オーソドックス、戦績:14戦 12勝(1KO) 2敗 0分
S1レディースジャパン バンタム級王者、WMC日本女子スーパーバンタム級王者、元NJKFミネルヴァスーパーバンタム級王者

・ルックナム・コーコムクラム
WPMF女子世界バンタム王者

【この王座決定戦に向けた意気込み】(11月9日主催者提供)

☆SAHO☆

(仕上がり具合)
絶好調です。仕上がりも今までで一番いいぐらい仕上がってるので、いい感じです。

パンチを放つ☆SAHO☆(2021年12月)

(現在の練習について)
今回はフィジカルを取り入れたり、今までに取り入れてない練習を入れたりしたので、その辺も試合のパフォーマンスでどう変わるか、自分で楽しみではあります。
体幹とかも全部やって、やっぱり動いていてもスピードやパンチの威力も自分でも変わったなと思うぐらい、今回の期間で結構変わったと思います。

(対戦相手の印象)
蹴りが強いのと戦い方が上手いなって思いました。ポイントの獲り方が上手い、みたいな感じです。相手のリズムに合わさないように。やっぱりムエタイルールなのでゆっくりペースだと思うんですけど、そのペースに自分が巻き込まれへんよう、自分のペースで行こうと思ってます。

鬼気迫る顔で打ち合う☆SAHO☆(2022年6月)

(前2戦K-1のリングに上がったことで変わったことや感じたこと)
今までに比べたら注目度があると思うので、期待を裏切らないよう、いい試合をしようと思ってます。
みんな「面白い」とか「男子と比べても面白い」と言ってくれて嬉しかったです。やっぱり自分のスタイルを見てそう言ってくれているので、戦い方は全然変えるつもりはないし、スタイルは誰が相手でも変えません。

(試合への意気込み)
やっと世界戦が、NJKFのみなさんの協力のもとできたので、その人たちのためにも恩返ししたいし、今まで応援してくれた人のために、一つの区切りとしてやっぱり結果を残すことが一番の恩返しだと思ってるので、必ず勝って世界チャンピオンになります。
今まで高校生の時、日本タイトルを獲った時「世界チャンピオンになります」って自分で言い切ったので、それを今回有言実行しようと思ってます。

ルックナム・コーコムクラム(WPMF女子世界バンタム王者)

(仕上がり具合)
仕上がりは万全です。

(現在の練習)
最近の試合ではフェニーという選手と対戦して勝ちました。その後また練習に戻り、毎日トレーニングを積み、☆SAHO☆選手との試合に向け準備はできています。

(タイ人選手と外国選手の違い)
タイ人と外国の選手を比べると、タイ人はとてもムエタイができるのに対し、外国の選手はパワーがあって圧力がある、そういった違いがあると思います。

(試合への意気込み)
日本で試合をすることができ、とても嬉しいです。ぜひチャンピオンとなってタイに戻りたいと思います。全力で試合に挑みますので応援よろしくお願いします。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

【動画】☆SAHO☆がパンチとヒザの猛攻で日本トーナメント優勝

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【NJKF】K-1でも活躍の☆SAHO☆が”洒落にならないリアルなタイ人”と世界王座を争う、他5つの王座戦が決定=11.13

・【WBCムエタイ日本王座決定戦】11.13 畠山隼人vs真吾YAMATOが3度目の対決「KOで終わる」(畠山)「3度目の正直、ぶっ倒す」(真吾)=選手データあり

・【K-1】☆SAHO☆、判定負けもオースティンと大激闘!意地の打ち合いで両者引かず

・【NJKF】☆SAHO☆、パンチとヒザの猛攻で日本トーナメント優勝「世界に通用する選手になる」

・ブレイキングダウンもビックリの女同士の大乱闘、大リーグパレードで高速パウンド連打!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧