TOP > ニュース 一覧

元UFC戦士の素手ボクシング“初挑戦”激闘KO映像が公開!“大晦日に所英男と対戦”ドッドソンの秒殺KOも

2022/11/23(水)UP

元UFCドッドソンが素手ボクシング初戦で秒殺KO!@BKFC

 素手ボクシングの格闘技イベント『Bare Knuckle Fighting Championship』(以下、BKFC)が23日、これまで参戦してきた元UFCファイターのデビュー戦の激闘KOハイライト映像を公開した。

【動画】元UFC戦士のBKFCデビュー戦の激闘KO!ドッドソンの左フック4連発で秒殺KOも

 冒頭に紹介されたのは、昨年7月の『BKFC19』にて実施された元UFCファイターのペイジ・ヴァンザント(米国)とレイチェル・オストビッチ(米国)の一戦。

オストビッチ(右)の強烈な右を被弾するヴァンザント(左)@rachaelostovichより

 ヴァンザントはこれが素手ボクシング2戦目だったが、オストビッチはこれがデビュー戦。UFC時代のMMAルールではヴァンザントがオストビッチに一本勝ちを収めていたが、この日はオストビッチの強打が光り、下馬評を覆し、オストビッチの判定勝利となった。

 また、今年大晦日の『RIZIN.40』の[RIZIN MMAルール(57.0kg):5分3R]にて、所英男と対戦する元UFCジョン・ドッドソン(米国)のKO映像も見逃せない。
 今年8月開催の『BKFC 28』のセミメインでデビュー戦を飾ったドッドソンは、ライアン・ブノワを左フック4連発でわずか40秒の秒殺KO勝利。大会の最優秀パフォーマンス賞「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を受賞した。37歳でもいまだ勢いのあるドッドソンがRIZINでどんな戦いを見せるのか、期待だ。

 BKFCは今週末26日(日本時間27日)に次回大会『BKFC Fight Night: Newcastle』を開催。今年2度目の英国大会となるが、こちらも多くの激闘KOシーンが生まれる事を期待したい。

▶︎次ページは【動画】元UFC戦士のBKFCデビュー戦の激闘KO!ドッドソンの左フック4連発で秒殺KOも

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・マウスピース吹き飛ばす剛腕パンチで“20秒殺”KO劇!ストップ早過ぎると選手が抗議も=英CW

・“時間差ダウン”の悶絶ボディKO!ハードウィックが初防衛に成功=英CW

・元王者が引退試合で壮絶な失神KO負け、フィニッシュは飛びヒザ蹴り=UFC

・“マッスル化”マクレガー、引退のヌルマゴメドフに再戦の挑発!「オマエは逃げ出した、ビビってんのか」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧