TOP > 試合結果 一覧

元王者が引退試合で壮絶な失神KO負け、フィニッシュは飛びヒザ蹴り=UFC

2022/11/15(火)UP

元王者エドガーが引退試合で壮絶KO負け@UFC JAPANより

 11月13日(日本時間)米国ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンにて開催された総合格闘技イベントUFC 281』にて、引退試合に挑んだ元UFCライト級王者のフランキー・エドガー(41=米国)が壮絶な失神KO負けを喫した。

【フォト&動画】飛びヒザ蹴りで失神した衝撃の瞬間!

 エドガーは10年のUFCライト級タイトル戦で当時の王者BJペンを判定で下し王座戴冠。その後3度の防衛に成功した。13年からフェザー級に転向し、3度のタイトル戦に挑戦するも失敗。バンタム級にさらに階級を下げたが、2戦連続KO負けを喫し、今回を引退試合にすると発言していた。

 対するクリス・グティエレス(31=米国)は7戦無敗(6勝1分)と勢いのある実力者。今年3月の前戦では、バックハンドブローからのパウンド連打でKO勝利を収めていた。

 試合は1R序盤、圧力をかけながらジワジワと前進するエドガーに対し、長身のグティエレスが遠い間合いからカーフキック。エドガーが懐に入るのを許さない。タックルに入ったエドガーだったが、グティエレスがこれに合わせて飛びヒザ蹴り!

 顔面の強烈な一撃を食らったエドガーは失神ダウン。レフェリーがすぐに試合を止めた。

 引退試合で壮絶なKO負けを喫したエドガー。会場には家族が観戦で訪れており、試合後のマイクで「こんな形で引退したくはなかった。無慈悲な部分もあるが、でも、これこそがこのスポーツの醍醐味だ。このスポーツを愛している」とコメント。大きな拍手の中でオクタゴンを去った。

WME-IMG
UFC 281』
2022年11月13日(日本時間)米国ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデン
バンタム級マッチ
フランキー・エドガー(米国)
KO
 1R21秒 ※飛びヒザ蹴り
クリス・グティエレス(米国)

▶︎次ページは【フォト&動画】飛びヒザ蹴りで失神した衝撃の瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・新人モデル美女戦士、試合間近の“割れた美腹筋”を公開!「ヤバすぎる」と驚きの声

・衝撃の“番狂わせ”秒殺KO!実力者レイエスが壮絶ダウンで失神=UFC

・過激すぎる素手”喧嘩MMA”がもはや閲覧注意レベル!ホッケーリンクの冷たい床で殴り合い

・危険な素手ボクシングで乱闘!“頭突き”反則負けに怒った選手が飛びかかる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧