TOP > ニュース 一覧

巴投げで豪快に一本!男子66kgは丸山城志郎が優勝!【男子7階級の全入賞者 結果】=柔道GS東京

2022/12/05(月)UP

 柔道の国際大会の一つ、グランドスラム(GS)東京大会の2日目が12月4日、東京体育館にて行われ、男子66kg級では丸山城志郎(ミキハウス)が服部辰成に得意の巴投げでわずか51秒で一本、優勝した。

【フォト&動画】丸山の巴投げの瞬間!=決勝戦

 丸山は初戦の2回戦でクアノフ(KAZ)にも巴投げで一本、3回戦では鄭 彥銘(TPE)に内股で一本。しかし、準々決勝の田中龍馬戦では田中のの袖釣り込み腰に技ありを奪われたかにみられたが、相手がヘッドダイブしたとして反則負け。あわや負けとなる瞬間だった。準決勝ではバスフー(モンゴル)に延長で攻め続け、相手の反則を誘い勝利した。

巴投げで相手の体が大きく上がる

 丸山は試合後のインタビューで「負けてもおかしくない試合もいくつかあった、自己評価は0点に近い」と優勝も喜びの笑顔はなかった。昨年の世界選手権では優勝、今年は準優勝の実力を持ち、今回、ライバル阿部一二三が不在の大会での優勝だった。これで来年の世界選手権に向け一歩前進した丸山、東京五輪代表の座は死闘の末、阿部に譲ったが、丸山はパリ五輪代表の座を射止めることができるか。

なお、この日、行われた男子の部の各階級の優勝者は60kg級はジョン・スピヨン(韓国)、66kg級は丸山城志郎、100kg級はピレッリ、100kg超級は太田彪雅が制した。
この2日間で行われた7階級で5階級で日本が金メダルを獲得。全入賞者は以下の通り。

【男子60kg級】

60kg級 入賞者

1、ジョン・スピヨン(大韓民国)
2、近藤隼斗
3、イ・ハリム=LEE Harim(大韓民国)
3、古賀玄暉

【男子66kg級】

66kg級 入賞者

1、丸山城志郎
2、服部辰成
3、GOBERT Maxime(フランス)
3、YONDONPERENLEI Baskhuu(モンゴル)

【男子73kg級】

73kg級 入賞者

1 橋本 壮市
2 古賀 颯人
3 大吉 賢
3 クサヴェリ・モルカ(ポーランド)

【男子81kg級】

81kg級 入賞者

1 小原 拳哉
2 永瀬 貴規
3 藤原 崇太郎
3 アルファ=ウマ・ジャロ(フランス)

【男子90kg級】

90kg級 入賞者

1 増山 香補
2 エドゥアルト・トリッペル(ドイツ)
3 村尾 三四郎
3 ラシャ・ベカウリ(ジョージア)

【男子100kg級】

100kg級 入賞者

1、PIRELLI Gennaro(イタリア)
2、飯田健太郎
3、グリーン カラニ海斗、
3、植岡虎太郎

【男子100kg超級】

100k超級 入賞者

1、太田彪雅
2、影浦心
3、原沢久喜
3、KRIKBAY Galymzhan(カザフスタン)

▶︎次のページは【フォト&動画】丸山の巴投げの瞬間!=決勝戦

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・阿部詩、素根輝ら盤石の強さ、日本女子が全7階級を制覇=柔道グランドスラム

・【柔道GS東京1日目】日本が男女全6階級を制覇、豪快な1本勝ちが多く飛び出す

・【柔道GS東京】橋本壮市、古賀稔彦の長男・颯人を背負い投げで下し優勝、ライバル大野将平不在の階級を制する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧