TOP > ニュース 一覧

【新刊】全4820試合の記録とともに振り返る『永久保存版 アントニオ猪木全試合 パーフェクトデータブック』発売=1.25

2023/01/25(水)UP

『永久保存版 アントニオ猪木全試合 パーフェクトデータブック』

 1月25日(水)に、アントニオ猪木さんの全4820試合の記録とともに振り返る『永久保存版 アントニオ猪木全試合 パーフェクトデータブック』が株式会社 宝島社より発売された。

 同書では、2022年10月1日に惜しまれながらこの世を去ったアントニオ猪木さんの1960年のプロレスデビューから、98年の引退まで38年にわたる4820の全試合のデータを掲載。

 いつどこで誰とどのような試合が行われたのか、結果から試合の時間や技まですべて掲載のほか、当時の写真や著者・瑞佐富郎氏によるコラムも収録されている。

 あの時の興奮がよみがえる、ファンにはたまらない一冊となりそうだ。

アントニオ猪木の名勝負

猪木さん(左)、アントニオ猪木vsタイガー・ジェット・シン(右)

■記念すべきデビュー戦!
1960年9月30日 東京・台東体育館
15分1本勝負 ○大木金太郎(逆腕固め 7分6秒)猪木完至

■最凶のライバル相手に3度目の王座防衛
1974年6月20日 東京・蔵前国技館
NWF世界ヘビー級選手権試合
60分3本勝負 アントニオ猪木vsタイガー・ジェット・シン
①猪木(卍固め 20分51秒)②猪木(反則勝ち 1分21秒)

■世紀の一戦!
1976年6月26日 東京・日本武道館 格闘技世界一決定戦
3分15ラウンド アントニオ猪木(15R引き分け)モハメッド・アリ


■著者:瑞 佐富郎(みずき・さぶろう)
 愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。シナリオライターとして故・田村孟氏に師事。フジテレビ『カルトQ』プロレス大会での優勝をきっかけに、プロレス取材&執筆に従事する。
 著書に『アントニオ猪木 闘魂60余年の軌跡』 (新潮新書)、『永遠の闘魂』『さよなら、プロレス』『プロレス鎮魂曲』『平成プロレス 30の事件簿』『新編 泣けるプロレス』(すべてstandards)などがある。NHK『燃える闘魂 ラストスタンド』や、BSフジ『反骨のプロレス魂』シリーズの監修も務めている。

<書籍情報>
『永久保存版 アントニオ猪木全試合 パーフェクトデータブック』
発売日: 2023年1月25日 (水)
定価:2,970円(税込)

●編集部オススメ

・【訃報】アントニオ猪木が死去、闘病の末に午前7時に旅立つ

・アントニオ猪木さんの最期の言葉が公開、撮影は9月21日

・アントニオ猪木氏叙勲会見、弟・啓介氏「天国の兄も喜んでいる」、孫・寛太氏はボクシングにも興味

・猪木さんの通夜に藤波辰爾、佐山サトル、前田日明、小川直也ら333人が参列

・KO勝利のバンナ、猪木さん追悼し“赤タオル”巻く「多くの仕事を与えて頂き感謝」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧