TOP > ニュース 一覧

平本蓮、凍える身体と気合!極寒の三峰山の滝行映像公開”朝倉、クレベル、斎藤倒す”

2023/01/25(水)UP

平本蓮が三峰山で滝行に挑んだ(剛毅會提供)

 RIZINで活躍する平本蓮が滝行に臨む姿が、昨日24日にABEMA格闘チャンネルにて公開された。平本は、今月8日から9日の二日間、所属する空手団体・剛毅會(岩﨑達也宗師)の合宿に参加し、極寒の奥秩父・三峰山の滝行に挑戦していた。

【フォト】平本が極寒で滝行に臨む全身写真、寒さに耐えて突きを出す動画も

 三峰山は極真空手の創始者・大山倍達総裁が山籠りしたことでも知られる地で、年始になると大山総裁は弟子たちと合宿をして稽古の他に滝行も行ってきた。岩﨑宗師も毎年行っており、今回は平本たちにも声をかけることになったという。

三峰山の合宿に参加した平本

 三峰神社に入り、整備されていない山道を黙々と歩く平本は「ここは足腰がめちゃくちゃ鍛えれます。腰が強くないと登れないんで、萩原京平とかは多分転落しちゃいますね」と笑い飛ばした。

 清浄の滝に到着した平本は、道着に着替えて「凄い寒い」と笑顔を見せる。岩﨑宗師の号令に合わせて基本稽古に取り組むと、道着の上を脱いで震えながら滝へ。岩場で足元を確認しながら滝が落ちる場所へ辿り着いた平本は、あまりにも水が冷たかったのか「ヤバイ」と叫んでいたが、稽古が始まるとその場で左右の突きを気合いを入れて連打した。

大山倍達総裁の碑の前で

 さらに腰まで水に浸かり、全員で突きを連打。平本はネットで滝行を検索して「滝壺にはまると取り返しがつかなくなるそうですね」と事前に調べたことを明かしていたが、実際に取り組んだ後は、表情が達成感に溢れていた。

 番組のインタビューで平本は滝行後、「これは強くなりそう」と言うも、滝の下で打たれに行くため岩の道を歩いたことについては「本当に凍っている道を歩いて転びそうになって死ぬかと思いました」と語った。
 平本はUFCを目指すが、「後ろを振り返りたくない。高みを目指していきたいですね。自分を止めたくない」とし、4月に対戦が組まれている元RIZINフェザー級王者・斎藤裕との試合について「根拠のない自信しかないです」と負けるイメージはまったくないと明かした。

 また朝倉未来については「やらなくてもいいかなくらい。現に俺の方が強いんで。絶対負けないですね。才能の度合いが違うなって感じで。俺がいる限り、あいつは一生輝けないことを今年の試合で証明したい」と平本。さらにクレベル・コイケもSNSで挑発した理由については「今年倒してやる。KOしてやるという伏線です」と止まらない。

 滝行で精神を強くした平本が、2023年、さらに飛躍することになるのか。それとも斎藤裕がストップをかけるのか。まずは4月の試合が楽しみだ。

▶次ページは、【フォト】平本が極寒で滝行に臨む全身写真、寒さに耐えて突きを出す動画も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・平本蓮、極寒の三峰山で滝行!「心頭滅却すれば火もまた涼し」=4月斎藤裕戦へ

・【RZIN】平本蓮vs元RIZIN王者・斎藤裕が決定「この若者を全力で潰しに行く」(斎藤)

・【RIZIN】平本蓮の豪打が爆発!“X”だった梅野源治からダウンを奪う衝撃

・朝倉未来、平本蓮を訴える理由を「下劣になっている」と告白、そして驚きの展開も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧