TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】香港大会で向柏榮の息子が65kg級王座決定トーナメント決勝戦進出

2023/03/02(木)UP

フン・ツヘイ・ヘイデンがパンチでも優勢に立ち勝利した(C)SHOOT BOXING

 2月26日(日・現地時間)に香港・沙田興益大厦大劇場にて、香港シュートボクシング協会(HKSBA)が中国香港総合格闘技連盟(MCSF)と協力し『Energy Fight 2023 Round 1』を開催、香港シュートボクシング65kg級王座決定トーナメントを行った。

 本トーナメントに、“ボンバー(爆撃機)”のニックネームで活躍し、坂本優起に2度も勝利している向柏榮(=パク・ウィング・ヒョング)の息子フン・ツヘイ・ヘイデンが出場した。

決勝戦進出を果たしたヘイデン(C)SHOOT BOXING

 ヘイデンは2週間前にギリシャで開催されたアクロポリス国際武術大会散打オープントーナメントで優勝したばかりで短いスパンでの試合出場となったが、準決勝で対戦したクワン・ヤムを相手にパンチ、キックで優勢に立ち、さらに華麗にシュートポイントも奪い、判定3-0で勝利。決勝戦進出を果たした。

 決勝戦は8月に開催される『Energy Fight 2023 Round 2』で、ヘイデンと逆ブロックで勝利を収めたチャン・パクホーとの対戦に決定した。

 なお、プロ興行前にはアマチュア大会も開催され、キッズ部門から青年の部など合計 30試合が行われ、香港シュートボクシングのイベントは回を増すごとに盛り上がりを見せている。

●編集部オススメ

・【SB】香港に協会設立、来年には現地でビッグマッチ開催=2013年10月

・この破壊力!SBラウンドガールが4年ぶり“ハイレグ”コスチューム新調、格闘技界で一番の声も

・“無敗の新星”山田虎矢太が植山征紀にKO勝利で新王者に!

・【BreakingDown】“豪快な投げ技”で話題の安井飛馬、朝倉未来とのガチスパーでとんでもない結末に

・【素手ボクシング】“バストアピール”やりすぎ美女、鍛えたマッスルボディに「これは理想」とファン羨望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧