TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】“無敗の新星”山田虎矢太が植山征紀にKO勝利で新王者に!笠原弘希はムエタイ超強豪との激闘を制す

フォロー 友だち追加
2023/02/12(日)UP

山田(左)が植山(右)をKOして新王者に

シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2023 act.1』
 2023年2月12日(日)東京・後楽園ホール
▼第8試合 SB日本スーパーバンタム級タイトルマッチ 55.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
●植山征紀(龍生塾ファントム道場/王者)
KO 5R 1分49秒 ※左フック
〇山田虎矢太(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級1位/挑戦者)
※山田が新王者に

植山は出血しながらも最後までKOを狙った

 植山は27勝のうち14のKO勝ちを誇るハードパンチャー。18年11月、当時無敗だった笠原友希を3R TKOで葬りベルトを獲得。SBだけでなく、RIZIN、RISEといった他団体のリングでもその強打者ぶりを爆発。2021年12月の初防衛戦では、タフな竹野元稀を3R KOで葬っている。今回は2度目の防衛戦となる。前戦はノンタイトル戦で植山の体重超過による減点の影響もあり大﨑孔稀に判定負けしている。

 山田は前戦となった昨年12月の有井渚海戦で下馬評を覆しての2R KO勝ちを収め、大会一ともいえる強烈なインパクトを残した。現在、9戦9勝と無敗街道を驀進中。兄の彪太朗も昨年11月にフェザー級次期挑戦者決定トーナメントを制覇してタイトル挑戦権を獲得しており、弟が先にベルト獲得なるか。

打ち合いの中、山田が右を放つ

 1R、互いにロ―キックを交換して様子を見る。植山は飛び込んでの左。これに反応する山田は、ジャブストレートを突き刺していく。植山は、カーフキックで攻撃。さらに飛び込んでの左フックで攻め立てた。

 2R、植山はカーフキックをヒット。山田は植山のパンチに合わせて、右クロス。耐えた植山に山田は、何度も右クロスをヒットして追い込んでいく。このラウンドは山田が優位に試合を進めた。

左フックを決めて山田がKO勝利を奪った

 3R、植山は右をヒット。一気に攻める植山は、パンチからバックブロー。これをかわした山田は逆にバックブローをヒットさせる。直撃したはずだが、植山は倒れない。出血する植山は、スープレックスで投げるも山田が反転して正面から着地してシュートポイントを回避。一進一退の攻防となる。

 4R、植山は右のパンチをヒット。山田も負けずに右をヒットして、五分の展開に。植山は、出血があるものの果敢に攻める。積極的に攻める植山に、カウンターを返す山田。植山はギアを上げて打ち合いに持ち込んだ。

KO負けした植山は担架で運ばれた

 5R、植山は左右のフックを振り回していく。山田は守勢に回りながら、これをガード。植山は、それでも前へ出てパンチを振り回してKOを狙い続ける。その直後、山田の左フックがアゴに直撃。マットへ頭を打ちつける植山。そのままKOとなり、植山は担架で運ばれた。

 新王者となった山田は「対戦してくれたチャンピオンありがとうございます。植山選手は、僕がデビューする前から他団体で活躍されていました。そして、兄の彪太朗と一緒にシュートボクシングを始めた頃からチャンピオンとして輝くことが目標でした。こうして輝くことができたのは、みなさんのおかげです。ベルトが似合っているかどうか分からないですけど、僕にはしか似合わないと言われたいと思います」と挨拶した。

▶次ページは、笠原弘希vs.ラムナムムーンレック、笠原友希vs.TAaaaCHAN

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】2.12『シュートボクシング』植山征紀vs山田虎矢太のタイトル戦、笠原兄弟ほか生中継、放送、配信情報

・【シュートボクシング】王者・植山征紀、全勝の新星・山田虎矢太に「甘い世界ではない、教えてやる」

・【シュートボクシング】9戦無敗で戴冠目指す山田虎矢太「二階級制覇も狙っていきたい」=2.12

・この破壊力!SBラウンドガールが4年ぶり“ハイレグ”コスチューム新調、格闘技界で一番の声も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧