TOP > ニュース 一覧

魔裟斗、木村ミノルの1.7kgオーバーに警鐘「今後、相手がいなくなる」

2023/03/09(木)UP

木村は前日計量で契約体重1.7kgオーバーした

 魔裟斗が自身のYouTubeチャンネルで、3月4日に行われた『KNOCK OUT』の計量で木村“フィリップ”ミノルが大きな契約体重オーバーについて、「今後、対戦相手がいなくなる」と警鐘を鳴らした。
 試合では木村はクンタップ・チャロンチャイから32秒の秒殺KO勝利を収めたが、前日計量1回目に体重2.4kgオーバー(※72kg契約)、再計量の2回目、3回目ともに1.7kgオーバーした。ペナルティとして木村には減点2、クンタップは8オンスグローブ、木村は10オンス使用のグローブハンデ、ファイトマネー20%減額で試合を実施する運びとなった。また計量前日でタトゥーを入れていたことが発覚し、それもネットで話題になっている。

【フォト】木村が計量に臨む場面、左でのKOシーン、計量前日に入れたタトゥーも話題に

 魔裟斗は木村の契約体重オーバーについて「自分だったら試合に向けて2カ月前から準備してくるので、相手が体重をオーバーしてきても試合をやると思います。でも、これで試合を成立させるのはどうなんだろうね」と首を傾げた。

木村は契約体重をオーバーした(写真は2回目の計量)

 そして、「次に木村と試合が組まれる対戦相手は、嫌だと思いますよ。また体重オーバーでペナルティになって試合が成立するのか、それとも流れてしまう可能性もあるのかと思わなければいけなくなる。今後、対戦相手がいなくなる」と指摘する。

 さらに「興行としての信頼がなくなってしまう可能性もあります。体重オーバーの選手に試合をさせてしまうと、周りの選手に示しがつかなくなる可能性も出てきます。『体重がキツイから俺も』となるかも」と魔裟斗は大会への影響を心配した。

 木村は試合後に足をケガしていて走ることができなかったことを明かしていたが、対戦相手からすれば、それは関係ないだろう。実際にクンタップは前日会見で「体重を落としてきてほしい」とコメントしている。

 魔裟斗は現役時代、契約体重リミットちょうどに仕上げてくることに拘りを持っていた。そんな彼からすれば、どんな状況であっても体重オーバーは許せないことだろう。

 減量について魔裟斗は「選手は2回勝負がある。一つ目は減量。俺の場合は試合1週間前は体重をパスすることしか考えていなかった。木村は、一つ目の勝負で負けているからね。本当はリングに上がる資格がないということです」と正論を語った。

 また、木村がパッキャオへ対戦表明したことについても触れ「仮に試合が組まれたとして、パッキャオは体重を合わせてくるだろうけど、木村がまた体重をオーバーしたらどうするの? 何億も使っていたとしたら、違約金とかかかるだろうし、どうするの? そんな危険な選手を、RIZINの榊原(信行=CEO)さんは使えないでしょう」と見解を述べた。

 榊原CEOは、RIZINの会見で木村の元プロボクシング6階級制覇マニー・パッキャオへの対戦表明について聞かれると「まずウェイトが守れない時点で、言う資格はないと僕は思います。プロとしてやるべきことをやれる、そこの信頼がない選手を、そのスペシャルな選手と(やらせるつもりはない)。まず体重守れよと」と批判している。

 体重オーバーについて木村は、何度も謝罪の言葉を口にしているが、この問題はいまだに収まりそうにない。

▶次ページは、【フォト】木村が計量に臨む場面、左でのKOシーン、計量前日に入れたタトゥーも話題に

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・木村ミノルの“パッキャオ戦アピール”にRIZIN榊原代表怒り「言う資格ない」

・【KNOCK OUT】木村ミノルが体重超過も秒殺KO勝利!王者クンタップは一撃で失神、パッキャオ戦もアピール

・【KNOCK OUT】木村ミノルが1.7kgオーバー、3回目もパスできずにペナルティで実施へ=3.5代々木

・木村ミノル、瞬殺KO2日前にタトゥー!井岡一翔とまさかの共演

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧