TOP > ニュース 一覧

【ムエタイSF】INNOVATION王者・梅田勇一、NKBの勇志がタイ人選手と対戦=4.23

フォロー 友だち追加
2023/03/17(金)UP

梅田勇一vsパランラック・FELLOWジム

 4月23日(日)に愛知・名古屋国際会議場 イベントホールで開催される『Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.8』の追加対戦カードが発表された。65㎏契約でINNOVATIONウエルター級王者の梅田勇一(BLITZ)がパランラック・FELLOWジム(タイ)と対戦する。

【動画】梅田勇一が熱戦で勝利、王座トーナメント決勝進出

 梅田は今年2月の『千葉キックRESISTANCE 2023』にて「INNOVATIONウエルター級王座決定戦」で、ベテランのタイ人選手・ランボーに勝利し王座を手にした。梅田は29歳から未経験でキックを始め、現在40歳。10戦9勝(4KO)1敗の好成績を残している。昨年12月の蹴拳でサムランチャイ・エスジムに敗れ初黒星を喫したが、今回はしっかり修正しムエタイ攻略にも自信をのぞかせる。

タイのランボーに強烈なミドルキックを叩き込む梅田、勝利しINNOVATION王者となった

 対するパランラックはタイ東北部ルーイ県出身の28歳で、タイでは“パランラック・オーユッタチャイ”のリングネームで「MAXムエタイ」や「ムエタイスーパーチャンプ」などに出場。2016年に来日し、過去にはシュートボクシング興行で笠原弘希(KO負け)、ジャパンキック興行で永澤サムエル聖光とも試合(判定負け)している。

 梅田は3戦連続でタイ人選手との対戦となる。今回は完全なムエタイルールであるため、パランラックはタイ本国と同じように自分の得意なパターンに持ち込みやすいだろう。両者とも近距離で戦う好戦的なファイターなだけに、気迫のぶつかり合いの激しい試合が予想される。

勇志vsデッチャイヤー・ペッティンディーアカデミー

 また、NKBから勇志(テツジム)が参戦し、58㎏契約でデッチャイヤー・ペッティンディーアカデミー(タイ)と対戦する。

 勇志は空手をバックボーンに持ち、思い切りの良いミドルキックやパンチが武器。現在NKB(日本キックボクシング連盟)3位で、戦績は10戦8勝(3KO)1敗1分。
 昨年7月のNKB大阪大会では郁弥に3R KO勝利、12月の後楽園ホール大会ではTAKERUにダウンを奪い判定勝利している。

 対するデッチャイヤーはタイ南部スラーターニー出身の26歳。コロナ禍前はムエタイジムの名門ペッティンディーアカデミー所属で活躍。コロナ禍により、ここ数年はわずかしか試合が出来ていないが、2019年にはタイ・ラジャダムナンスタジアム興行『スックペッティンディー』のメインで当時絶対王者であったルンナライ・モーラタナバンディットに2R KO勝ちも収めている。

 この対戦も5R制のムエタイルールとなる。タイ人選手と初対戦の勇志が連勝記録を伸ばすか、デッチャイヤーが日本のリングで強さを見せつけるのか。

<対戦カード>
▼58㎏契約 3分5R
デッチャイヤー・ペッティンディーアカデミー(タイ)
vs
勇志(テツジム/NKBNKBフェザー級3位)

▼65㎏契約 3分5R
パランラック・FELLOWジム(タイ)
vs
梅田勇一(BLITZ/ INNOVATIONウエルター級王者)

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは【動画】梅田勇一が熱戦で勝利、王座トーナメント決勝進出

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【ムエタイSF】SB王者・佐藤執斗、元WPMF王者・伊藤勇真がタイ新鋭と対戦=4.23

・【ムエタイSF】福田海斗がタイの“激闘派”と対戦決定、実方宏介はヘビー級”マルチプレーヤー”と激突=4.23名古屋

・【ムエタイSF】激闘三冠王HIRO YAMATOが、スアキムとも王座争ったテーパプットと対決、TAKERUがTVマッチ実力者を迎撃

・“2m越えモンスター”の危険な投げ技に「これはヤバイ」柔道”ドンマイ川端”が冷や汗

・衝撃の飛びヒザ蹴り失神KO!相手は頭をマットに打ち付ける壮絶ダウン=CG

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧