TOP > ニュース 一覧

吉成名高が5.14キックW杯参戦へ意欲!ムエタイ五輪追加なら「金メダル獲りたい」

フォロー 友だち追加
2023/04/27(木)UP

会見に出席した吉成、今大会出場と、五輪へ金メダル意欲を語った

 4月26日(水)、都内にて国際親善大会KICK BOXING WORLD CUP実行委員会が記者会見を行い、旧K-1の佐竹雅昭、アーネスト・ホースト、武蔵らが並んで登壇。
 同委員会の初となるキックワールドカップ『第1回国際親善大会 KICK BOXING WORLD CUP in JAPAN/TOKYO』(5月14日・日、大田区総合体育館)の開催概要を発表され、対戦カードとして、ムエタイのルンピニー&ラジャダムナンの元王者・吉成名高(BOM/エイワスポーツジム)が参戦選手として発表された。

【フォト】吉成名高と佐竹、武蔵、ホーストらが並ぶ!

第1回キックボクシングワールド杯開催会見で後列左からホースト、佐竹、武蔵が登壇。前列左から麻原将平、吉成名高、泰良拓也

 今大会に出場予定の吉成のほか出場が決まった麻原将平、泰良拓也も会見に出席。吉成は、「今回、記念すべき第1回目の大会。自分も出たいのですが、現在、タイ側と調整している最中で、まだ決まっていません。仮に今回、決まらなくてもムエタイの魅力を伝えていきたいと思っています」と第2回大会以降の参戦も視野に入れる。

今大会は 2028年のロス五輪でを目指す。すでにロス五輪では追加種目にムエタイ、キックボクシングが候補の一つとして上がっているが、今回の実行委員の一人、ホーストカップ主催者の土居龍晴氏は「親交のあるムエタイ側とも協力していきたい。レスリングのフリースタイルグレコローマンのようにムエタイ部門とキック部門で採用されるのもいい」と話す。

吉成は会見後の囲み取材で「もしもムエタイがオリンピックに採用されたら、金メダルを獲りたい」と吉成は声を弾ませた。現在22歳の吉成、ロス五輪ではまだ27歳、充分に活躍できる年齢だ。キックとムエタイの五輪追加競技実現にも期待したい。

☆5.14キックW杯決定カード チケット、スケジュールなど

▶︎次のページは【フォト】吉成名高と佐竹、武蔵、ホーストらが並ぶ!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・第1回キックW杯開催、五輪目指し佐竹雅昭、ホースト、武蔵協力!吉成名高の名も

・K-1美女チャン・リー、31歳の鍛えた初ビキニ公開にファン「ドキドキ」

・【RIZIN】平本蓮がバキバキに!「あとは水抜き、時代を変える」4.29斎藤裕戦

・”戦うシングルマザー”吉田実代、ビキニ姿でハイキック!一糸纏わぬ姿も”等身大の私”=初写真集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

新着情報


TOP > ニュース 一覧