TOP > ニュース 一覧

【RIZIN.44】9.24 全試合順決定、メインはクレベルvs金原、セミは牛久vs萩原、安保vs宇佐美のキック対決も

フォロー 友だち追加
2023/09/19(火)UP

メインはクレベル(左)vs金原(右)のフェザー級トップ対決

 9月24日(日)にさいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.44』の全試合順が決定した。メインイベント(第10試合)は[RIZIN MMA Rules 5分3R/66kg]クレベル・コイケ(ブラジル/ボンサイ柔術)vs金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)となった。
 前フェザー級王者クレベルと、日本人の中ではトップクラスのオールラウンダーである金原。この一戦は次期フェザー級タイトル挑戦者決定戦と見られ、注目が集まる。

【フォト】発表された試合順!

 セミ(第9試合)は[RIZIN MMA Rules 5分3R/66kg]にて、第2代RIZINフェザー級王者・牛久絢太郎(K-Clann)と萩原京平(SMOKER GYM)の日本人注目カード。
 元フェザー級王者の牛久は、クレベル、朝倉未来に連敗中。現在は米国ATTで汗を流し再起を狙う。対する萩原は今年4月にグラウンド巧者カイル・アグオンに勝利し連敗脱出した。
 牛久がトップ戦線へ返り咲くか、萩原が元王者超えを果たすか。

『RIZIN.44』全試合順

 そしてセミセミ(第8試合)には、フェザー級からライト級に階級を上げた堀江圭功(ALLIANCE)が、いきなりライト級のトップファイターであるスパイク・カーライル(アメリカ)と激突の一戦。

 安保瑠輝也(27=MFL team CLUB es)と宇佐美正パトリック(23=Battle-Box)のキックボクシングルール対決は、休憩前の第7試合目となった。
 会見やSNSで舌戦を繰り広げてきた元K-1王者の安保と、アマチュアボクシング6冠を誇る宇佐美とのキック対決は、激闘間違いなしだ。

  なお、当初8試合目に予定されていたスダリオ剛(HI ROLLERS ENTERTAINMENT / PUREBRED)vsトッド・ダフィー(アメリカ/American Kickboxing Academy)の120kg契約戦は、ダフィーがパスポートのトラブルに巻き込まれ入国困難となったことで中止に。
 10月1日(日)『RIZIN LANDMARK 6 in NAGOYA』で実施するべく調整中(9月22日現在)。

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・安保瑠輝也と宇佐美正パトリックがキックルールで激突!「顔面ヒザ合わせたる」(安保)

・木村ミノル、ドーピングの理由を説明「勝ちたい一心、一つの技術と勘違いした」

・那須川天心がボクシング2戦目で“パーフェクト勝利”メキシコ王者から2度ダウンを奪う

・【フォト】雪平莉左、グラマーなラウンドガール姿にファンKO「反則級」「勝利の女神だ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧