TOP > ニュース 一覧

【UFC】元王者モレノ、再起戦でグラップリング世界選手権王者アルバジと激突へ!=海外報道

フォロー
2023/12/06(水)UP

アミル・アルバジと対戦するメキシコ人史上初のUFC世界王者のブランドン・モレノ

 2024年2月24日(日本時間25日)にメキシコで開催される総合格闘技イベント『UFCファイトナイト』のフライ級マッチにて、同級前王者でランキング1位のブランドン・モレノ(29=メキシコ)が同級3位のアミル・アルバジ(30=イラク)と対戦すると、ESPNを含む複数の海外メディアが5日に報じた。

【動画】モレノが快心のチョーク一本勝ち!フィゲイレードが苦悶タップ

 モレノは柔術をベースに21勝のうち11回一本勝ちしているが、打撃でもKOできる力を持つオールラウンドファイター。21年6月に現王者のデイヴソン・フィゲイレードに一本勝ちでベルトを獲得。その後リマッチで敗れ陥落も、22年にカイ・カラ=フランスを破って暫定王座を獲得。そして今年1月、フィゲレードと4度目の対戦を制し、王座を奪還したが、7月の防衛戦でアレッシャンドリ・パントージャにスプリット判定で敗れ、王座から陥落した。

パンチを放つアルバジ©️UFC

 対するアルバジは世界レスリング連合(UWW)が主催する2012年のUWWグラップリング世界選手権の-62kg級で2部門(ギ/ノーギ)の優勝を誇るグラップラー。キャリア17勝で14フィニッシュ(5KO・9一本)と決定力が高い。現在6連勝と波に乗る。

 メキシコ人史上初のUFC世界王者モレノ、地元ファンの応援を背に再起戦勝利を飾るか、それとも快進撃のアルバジが元王者を飲み込むか。

▶︎次ページは【動画】モレノが快心のチョーク一本勝ち!フィゲイレードが苦悶タップ

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【UFC】パントージャが悲願の新王者に!ダウンを奪いモレノと激闘を制す

・【UFC】元RIZIN戦士カラフランス、連勝アルバジのチョークに苦しみ惜敗、王座戦からの再起ならず

・【UFC】マクレガーがガチスパーで相手をダウンさせ話題に!4月試合確定か

・UFCで反則スレスレの危険なボディスラム!受け身とれず“失神KO負け”の衝撃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧