TOP > ニュース 一覧

重森陽太、強豪サミンデット戦に気合!「死に物狂いで取りに行く」=2.12 RWS JAPAN

フォロー 友だち追加
2024/02/10(土)UP

重森陽太

 2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで、ラジャダムナンスタジアムワールドシリーズ(RWS)初の日本大会『RWS JAPAN』が開催される。
[RWSライト級(3分3R)]でサミンデット・ノーアヌワットジム(タイ)と対戦する重森陽太(Eight Weapons)の試合前インタビューが主催者を通じて届いた。

【動画】重森の前戦、パンチを効かせてラッシュをかける瞬間!

 重森は新日本キックのエースとして活躍し、昨年2月にはムエタイの頂点であるラジャダムナンスタジアム認定ライト級王座に挑戦するも判定負け。8月もバットマン・オー.アッチャリヤーに判定負けを喫したが、11月はルンペット・センチャイジムにTKO勝利して再起を飾っている。

 次の試合からクロスポイント吉祥寺所属になるという重森。現在の練習環境については「HAYATOジムのタイ人コーチのイソラサックさんには私がプロになった頃からずっとお世話になっていて、そのコーチとめちゃめちゃフィーリングが合うので、そこのジムで指導を受けながら、クロスポイント吉祥寺をメインで練習させていただいてます」と話す。

サミンデット・ノーアヌワットジムvs重森陽太

 続けて「今まで実戦練習をほとんどしてこなく、ひたすらミット打ちでイメージを作り上げて、サンドバック打ちをやって試合で試す感じだったんですけど、今は色んなタイプの選手がジムにいて実戦練習する機会が増えたこと」で、自身の中でも変化があったという。

 また「鈴木千裕選手、小笠原瑛作君といったチャンピオンたちと一緒に同じ環境で試合練習できることで、格闘家として俺もやってやろうという気持ちになり、凄くモチベーションの上がる環境に移れたと思います」とトップクラスの選手が揃うクロスポイント吉祥寺で、良い練習が積めているようだ。

 今回の相手、サミンデットはRWSトーナメントでは準優勝、タイのライト級で5本の指に入るほどの強豪だという。重森は「自分よりはテクニックもあるし、受け返しも早く、凄く強い選手だと思います。注目度の高い選手と試合することが、やっぱりタイにも名前が売れるので、死に物狂いで取りに行かないといけないと思っています。今回のカードは自分に得しかなく、勝ったら相当リターンはデカいので、そこは勝った上でしっかりと取りに行こうと思っています」とサミンデットの実力を認めた上で、勝利へ闘志を燃やす。

 どういった勝ち方をしたいかという質問には「総合的に相手の方が上なので気持ちが重要かなと。どんどんチャンスを作っていくことが必要だと思うので、もうしがみついていきます。絶対に蹴り負けない、押し負けないとか、そういう一つ一つの駆け引きを落とさないようにしていけば相手を苦しめられると思っています。あと、世界的にも注目されているイベントなので、世界のムエタイファンに対して面白い選手がいるなとアピールできる試合をしたいですね。ちょっといい動きを見せたり、蹴りのラリーの中でしっかりと観客を盛り上げていったりとか、そういう会場の熱とかも大事にすることも意識していければ、結果につながると思う」と、ムエタイファンに自身の存在をアピールしていく構えだ。

 果たして重森は、強豪サミンデットを相手にどんな試合を展開するか。見逃せない一戦となる。

▶︎次ページは【動画】重森の前戦、パンチを効かせてラッシュをかける瞬間!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】2.12『RWS JAPAN』吉成名高ラジャ統一戦ほか生中継・放送・配信情報

・伊藤紗弥、“女人禁制”解かれたラジャのベルト新設めざす「攻める姿勢で」=2.12 RWS JAPAN

・吉成名高、ラジャ“正規”三階級制覇へ「圧倒的なパフォーマンスで勝つ」武尊の姿に刺激も=2.12 RWS JAPAN

・【RWS JAPAN】“日本初”ムエタイ・ビッグイベント開催、吉成名高のラジャ王座統一戦など豪華7試合が決定=2.12

・梅野源治、かつて戦ったペットモラコットのヤバさを語る「海人選手が勝つとしたら…」=2.10 SB

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧